2017年5月25日 (木)

お互いが寄り添いあう地域社会

Photo

これからの地域社会は「お互いが寄り添いあう地域社会」が必要となってきています。

少子高齢化の進展、核家族化による世帯構成の変化、地域コミュニティの希薄化などにより地域社会のつながりは大きく変容しました。

最近、近所付き合いのない世帯や高齢者の一人世帯での孤立死、若者の引きこもり、子どもや高齢者などへの虐待などが社会問題となっています。

残念ながら孤立死や虐待などは事件などが生じて初めて状況が公になることがほとんどです。

この背景には、個人主義やプライバシーが過剰に意識されすぎる傾向にあるため、他人の生活に立ち入らないといった意識や、お互いに干渉し合わないことが無難であるという意識が定着している現代社会の風潮があります。

このことから、わずらわしいことには知らないふりをするのが、一番楽だと思っている人も少なくありません。これでは人々はますます孤立化し、さびしい地域社会になってしまいます。

このことから「安心して生み育て」「安心して老いを迎えることができる」まちを創るためにも、地域から孤立している世帯などを「みんなで見守る」・・・「遠くの親戚より近くの他人」・「お互いが寄り添い合う」ことです。

また、誰にも相談できずに日々の子育てにひとりで悩んでいるお母さんや、外出することが難しくなり、生活の困りごとを抱えている高齢者の世帯などに、救いの手を差し伸べることのできる地域づくりも進めていかなければと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だれにとってもやさしい“まち”

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

P10205221_2

誰にとってもやさしいまちに…

みんなが暮らしやすい環境や社会をつくることです。

□ 暮らしやすさは、不便や不自由がない

□ 地域の人たちと仲良く交流できる

このふたつのことが大切になります。

隣の人に会ったり、近所のお店の前を通ったりするときに、「おはようございます」とか「こんにちは」と、あいさつをする。

同じ地域に暮らす人たちの顔が分かり、

気軽にあいさつできるようであれば、

住んでいて楽しいし、なんとなく安心感があります。

それにこのような隣近所との関係は、住民の地域に対する関心は高く、犯罪がおきにくい、安全なまちづくりにつながります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

自分の行為・行動を反省して!

717668732

私たちのまちは、公園や道路などきれい・・・

健康的で明るい笑顔のあるまちにしたいものです。

それには、いつもみんなが意識して、以下の事を徹底することです。

1 挨拶をする。

2 ゴミのポイ捨てをしない。

3 自然環境を大切にする。

4 伝統文化を守る。

犬のフン不始末や、たばこの吸殻のポイ捨てに困っています。

犬のフンを片付けるのは、飼い主がすることが常識です。

タバコの吸い殻のポイ捨ては、歩行喫煙しているのです。(八王子市内は歩行禁煙です)

私たちの住むまちの公園・広場に犬のフンの不始末・・・

道路や空き地に、タバコの吸い殻や、ゴミが捨てられています。

自分が住むまちを、気持ちよく住みたいものです。

○ タバコの吸い殻は・・・“ゴミ”です。

○ 犬のフンの始末は飼い主です。

規範意識を持って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の住む町を大事にしよう

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

C0004251_1601071 

自分の住むまちに愛着を!

自己中心主義の人が多いといわれる時代です。一人の人の行為で、自分が住むまちのイメージが悪くなるのです。

たった一本のタバコの吸い殻で・・・

たとえば通勤で、自宅から最寄の駅に行くまで・・・タバコを吸いながら(歩行喫煙)している人を見かけます。そして、タバコの吸い殻のポイ捨て…灰皿道路と化してしまう。そのままにして、おくと、パンの包装・紙くず・・・さては、家庭ゴミまでに至ってしまうのです。

自分が生まれ育ったまちは、一生心に残ります。誰でも自分の住んでいるところを悪く言われるのは嫌なものです。

あんな汚らしいまち・・・あんな危険なまち・・・逆にいいなあ住んでみたいなと思われることほどうれしいことはありません。

いま、そのまちに住む人が、住む人自身で考えて、まちづくりを行うことです。良くするも、悪くするも、地域に住むあなたしだいです。

子どもたちが、大人になったとき、自分が住んでいたまちを、どうすればよくなるか常日頃からよく考え、地域が、将来に引き継ぐことができるか考え行動をするようになるでしょう。

地域に住む一人ひとりの心がけ

自分が住む地域の人々が少しでも豊かになるようにという想いや、「誰かのために何かをする」想いを持った人たちが協力し合うことで地域社会が発展するということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

生きていることに感謝

K21378854461

与えられた命

私たちは、この世に自分の意志で時代や場所を選択して生まれてきたわけではありません。生まれたのは、偶然であり、すべて与えらてこの世に存在しているのです。

与えられたいのちは、親や周囲の援助がなければ、そのまま失ってしまうような危うい存在なのです。そんな危うい存在である私たちが、何十年も生きられるのはなぜでしょう。

それは、あまり意識しないかも知れませんが、自らが持って生まれた「いのちの力」と家族や周囲のさまざまな人々の「お世話(支援)」があったからで、現在もあるからではないでしょうか。「迷惑をかけた」のではなく、「お世話」になってきたのです。

こうして「お世話」になりながら育ってくるなかで、私たちの心には、「できることで、誰かを助けたい」「誰かのために役に立ちたい」といった気持ち が、育っていくのではないでしょうか。

命のつながりと、共生

人と人がつながって生きるという双方向の人間関係は、このようにお世話になったり、お世話をしたりすること を通して育つ人間への基本的信頼感があるのです。

動物・植物など、いろいろな生きもののことを考えるとき、私たちは、彼らが住む山や海、森や川のこと、そして空気や水のことも一緒に考えます。けれども、そうした環境の中に人間の生活も含まれていることを、どうも忘れてしまいがちです。

私達は、豊かさにおぼれ、「共生の中に活かされている」このことを忘れてはなりません。命をつなぐ食べ物に、もっともっと感謝しなければいけないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高齢化社会を考える

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Gurandohouru1807301

高齢化社会が進みます。

2015年現在、日本の全人口のうち、65歳以上の占める割合は26.8%。これが30年後の2045年には、 37.7%になり、要するに、5人に2人が65歳以上という時代がやってきます。

『亀の甲より年の功』[=劫]
「劫」は極めて長い時間のこと。「甲(こう)」を同音の「劫」にかけて言った言葉。人間にとって大切なことは年劫を経ることだ。長年の経験は尊(とうと)いものである。

ある仕事・作業に対して、若年者がどうやっても上手くいかない時に、年長者(熟練者)か何の苦もなくやり遂げてしまった時に、この若年者が「さすが、亀の甲より年の功ですね」と年長者にたいして敬って言う言葉です。

年よりは邪魔者扱いされる

現在の社会では、高齢者をどこか高齢者を邪魔者扱いしてるような雰囲気というか、風潮があるように感じます。

永六輔の名語録に「子供叱るな来た道だもの 年寄り笑うな行く道だもの」・・・の通り、若い人だっていずれは年をとることです。年寄りを邪魔者扱いする前に・・・当然自分のこととして考えるべきです。

 「“嫌老”から“賢老”へ」

3人に1人が高齢者となる時代、作家の五木寛之さんによると、深刻な“嫌老”社会にならないためには、一人一人の高齢者が“賢老”・・・

つまり賢い老人になって、自立した人間として、生き生きと暮らせる世の中になることが大切だということです。高齢者が若者や子供たちを大事にする・・・そして若者や子供たちが高齢者を大事にする・・・

「賢老社会」を作るためには、若い世代も高齢者も、お互いがお互いの立場の身になって希望のある社会を作っていくことが、これからの時代だと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

“住んで良かった町”に・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

9a43f7a21

町内会・・・

安心・安全な町づくり 

地域の住民の安心・安全な暮らしを守り、健康で明るい町にしていくことです。

日本における伝統的な地縁集団。町や村などの対面的な集団が基礎にあるが、第2次大戦中に法制化され、総動員体制の末端として大きな役割を果たした。

1947年に廃止・解散が命じられた後も任意団体として復活し、行政の末端における補完組織、また住民の相互扶助組織などとして機能した。(マイぺディア)

昔のような農業中心の集落での活動でと違い、生活スタイル・価値観の多様性の社会で、コミュニテイ・・・地域の活性化と必要性が大事なことになってきていると思います。

活動の内容も、社会のニーズに合ったものにしなければならないと考えます。

スローガンは、「住んで良かったまち」です。

現実を見ると、町内会・自治会役員は9割がシニア男性です。

主役はシニア男性でよいのですが、子育て世代、女性、そして子ども達にとっても有用な町内会であるべきです。子どもから、お年寄りまでの意見を聞きながら、活動することです。

彼らの声を受け止める度量、興味を引くプログラム。シニア男性とは異なる発想や拙いアイデアも受け止められる町内会、自治会でなければ、それは敬老会にすぎません。

過去の成功体験にすがらない、形骸化した組織や旧来の目的とは違う今の町内会の役割を考え・・・これまでの町内会・自治会とも違う自治会・町内会づくりに取り組んでいくべきと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

万緑の候・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

0041

片倉城跡公園にて・・・

今朝の公園に小鳥の鳴く声のみの静けさです。

とき過ぎて 山の緑は 増すばかり

静けさや 深緑の葉に 朝のつゆ

水ひかり 草木が萌える 城の里

石垣の 割れ目の奥に 夏をみる

薫風は 古城の里を 巡らして

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老化は足から・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

07murasugi_watasuge11

アンチエイジング(老化防止)

誰でも、少しでも長く元気にしていたいものですね。。。

年を重ねるほどに、同じ年令でもすごく老けて見える人、若々しい人。元気な人、病弱な人の差が開くように感じます。

老化は足から・・・

一般的には高齢になるに従って運動量や歩行量は減少していき、使われる頻度の少なくなった筋肉はすぐに衰え始めます。これは過去に宇宙から帰還した宇宙飛行士の筋力が一時的に著しく低下していたのと同じことです。 

運動不足が続くと、筋肉が衰え、からだを支えることができなくなってきます。

老化を防止し、足腰を鍛えるために手軽にできる運動として、「ウォーキング」があります。

自分のペースで無理なく行うことです。

ウォーキングは有酸素運動で、ウォーキングいる間に体の中に酸素をたくさん取り入れることができる運動です。そして、有酸素運動で、長時間無理することなく続けられます。

ウォーキングは、誰でも簡単に始めることができるスポーツですが、徐々に距離を延ばすなどして、無理せずマイペースで行う事が大切です。

無理をすることによって筋肉痛を引き起こしたり、膝に負担をかけすぎたりしてしまいます。何よりも大切な事は楽しく続けるということです。

楽しみながら、老化防止を行いましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

年々歳々花相似たり・・・

3612

今日の東京地方…朝から晴れて、真夏のような暑さになりました。「庭木の剪定」・・・昨日の続きの作業を午前中行う。

咲き終わった、モッコウバラの刈り込み片付けをしながら、ふと思い出す・・・

年々歳々花相似たり歳々年々人同じからず」・・・『劉 希夷(りゅう きい)中国唐代の詩人の詩』

あれほど咲き誇った花は見る影もなく散ってしまう。人もまた時々刻々老いゆきて、そして彼の黄泉の世界へと去ってゆく。一時一刻もとぎれることのない大自然の動き、諸行無常は世の習い。

花咲くも無常であり、花散る もまた無常で常に変化してやまないのがこの世の常なのだ。諸行無常の世の中に、常なるものは一つもなく明日のわが命さえ知れない。

この儚いものなのに、何時までもあるかのように迷夢に酔い痴れてお金に執着し、物とらわれ・・・名声、名誉を追い求め、限りなく欲望を募らせて争い奪い合い憎しみ合い、殺し合っての愚を繰り返しているのが私ども人間なのです。

近所の人から、相模原の北公園が、今バラのみどころだという、行って見たくなったなぁー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧