2021年9月17日 (金)

「親ガチャ」という新語

八王子16号バイパス2

「親ガチャ」とは
子どもの立場から「親は自分では選べない」「どういう境遇に生まれるかは全くの運任せ」と述べる表現で、ソーシャルゲームにありがちなキャラクター入手方法(いわゆるガチャ)になぞらえた言い方(weblio辞書)

自分の”人となり”(その人の人間性、性格・性質)が親次第で決定してしまうということで、その両親を子どもは選べないことから「親ガチャ」と呼ぶそうです。

親のスペックで、子どもへの待遇も変わってくるという事・・・親が金持ちなら馬鹿でも大学ヘ行けて、いい仕事に就ける。親が貧乏でも本人の努力次第で大学に行けて、いい仕事に就けるけど、苦労の差は大きいものがあります。

【浪速風】親ガチャ - 産経ニュース
▼児童虐待など多発する痛ましい事件を聞けば、そう考える人がいるのも分かる。貧困家庭が増え、貧困がまた貧困を生む―という負の連鎖も同じ論理だろう。一方で「親のせい、人のせいにするのか」という意見もある。「親だって子供を選べない。〝子ガチャ〟も同じだよ」という人も

▼そんな言葉が飛び交うことにまゆをひそめる向きもあるが、むしろ、それに共感したり反論したりする世論の「なぜ」を考えることが大事なのだろう。そこには世代間のギャップや、漠然とした不公平感、世の中への不満といった背景があるはずだ。コロナ禍の閉塞(へいそく)感もあるかもしれない。

2021年9月16日 (木)

幸せの尺度

画像 089
.
幸せの尺度って・・・
「幸せ」は人によって感じるものやその感じ方も違います。また当然ですが、人生という時間軸で考えたときに、今が幸せでも実はそうではないかもしれません。
 
今が幸せな人は昔不幸だったかもしれませんし、またその逆も然りなのです。ここで、時間軸を考え、自分のやりたいことをやり続けて何十年・・・人生と自分のやりたくないことをやり続けて何十年・・・という人生。。。普通に考えれば前者が幸せです。同じ年40でも、同じ40年ではないはずです。青春は40歳になってから味わうことは不可能なのです。
 
自分が死ぬ間際に幸せな人生だったと思える人生ははたしてどちらでしょうか?「幸せ尺度」は他人と比較して生まれます。この世に一人しかいないとすると、幸せという感情そのものが生まれないでしょう。

他人と比べないこと
他人と比べないことが一番幸せを感じます。他人と比べている以上は、一生、幸せにはなりません。上を見ればきりがないですが、下をみてもきりがないのです。
 
やはり、人として生まれてきた以上、幸せでありたいと思うのが当然です。私は自分だけが幸せになるのではなく、身の回りの人間と一緒に幸せをシェアしていきたいと思ています。

2021年9月15日 (水)

コミユニケーションの在り方を考える

画像 125
.
コミュニケーション」とは、互いの考えや気持ち、価値観を伝える行為です。現代は、引っ越しても隣の人に挨拶しない人もいます・・・。わずか数十年前は、家族で住むのが当たり前だったのに、現代は、親世代との同居もしない核家族が中心になりました。
 
今、都会に住民の孤独は「絶縁社会」とも揶揄されています。電子メールやインターネット、SNSなどを使った新しいつながりが、「ネット縁社会」が喧伝されています。しかし電子メールやSNSはいつでも誰とでも瞬時につながり友達になれる代わりに、いつでも黙って退場できる・・・気ままで無責任な世界です。

SNSは、ブロックしてしまえば、それで関係は清算されてしまいます。常識の共有も保証されていません。場所や時間も共有されないため、濃密な関係とは全く正反対の、広く浅い関係になっています。いわゆる、真のパートナーにはなれません。
 
頼りたい時に人を頼ることが出来ない・・・
ネット社会が発達したことで、一見すると人とつながっているような気持ちになりますが、冷静に考えるとつながりは希薄なままなのです。

結論を言えば、気楽に会えばいいのです・・・
ネットで繋がっていて、気楽に会っている人間関係であれば、会えない時間でも相手のことを知れる機会が増えるので、より強い関係性を作れるのです。

周りの人を大切にすることです・・・
人間関係が希薄な時代の対策は、周りの人を大切にすることで、真の人間関係を構築することも可能となります。

2021年9月14日 (火)

地域の自然は地域の人で守る

002[1]
.
過去何十年かの人間の暮らし方で、古代から引きついてきた「自然環境」このまま放置されたとしたら、地球上に暮らす人間はじめ、生物にも、危機が迫ってきます。

今、問題となっている「地球温暖化」は、一見、関係が無さそうないのですが、私たちの普段の暮らしが、直接かかわっています。環境保全は、普段の暮らしの中で意識を持ち、後世つなげる責務があります。

海や森の自然を壊すような製品は使いたくない・・・また、他の国の人を困らせるようなライフスタイルは、できれば選びたくないものです。
 
「地域の自然は地域の人で守る」
大切なことは「地球温暖化」について意識と関心を持つことです。毎日の暮らしの中で、無意識に、自分がしている行為・・・公園・道路にタバコの吸殻・ゴミのポイ捨て行為を改めることです。

地球温暖化の抑止は、地球上に住む一人ひとりの「自然環境守る」意識と行動が大事ということになります。

歳をとって故郷を懐かしむ

画像 072
.
高齢となって・・・色々あった人生・・・むかしの風景・生きてきた過去を、懐かしく想い起こすことが多くなります。

むかしの思い出は、今まで歩んできた人生そのものであり、むかしを懐かしんで話をされている時は、自然と穏やかな表情になります。

語り合う相手がいれば、喜びや幸せな気持ち、大変だった経験を乗り越えてきたことも一緒に分かち合い、充実した時間を過ごすことができます。楽しかったこと、辛かったこと、家族や友人とのエピソード、生き抜いてきた社会的背景など、人それぞれ過ごしてきた時間は異なりますが・・・。

今までの自分の人生を振り返り、人生を再確認することで、現在の自分も肯定的に受け入れやすくなります。むかしの思い出に親しむことはごく自然なことであり、回想法は今の自分を認め、人生を豊かにするための手段のひとつとも、言えるではないでしょうか。

人は、自分がどこで生まれたのか、親はどのような人か、どこで暮らし今は誰とどこに住んでいるのか、私たちは普段は意識していませんが、このような自分の過去と現在の状況を記憶にとどめているからこそ、毎日の生活をとどこおりなく暮らしていけるのです。
 
人が故郷を懐かしく思うのは、自分がどこで生まれ、どこで暮らし、どのように生きてきたのかなどの過去の記憶をよりしっかりと、記憶にとどめるための心と感情と言えるのではないでしょうか。

2021年9月13日 (月)

当たりまえに感謝

画像 426
.
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、私たちは息をひそめるような暮らしをしいられてきています。元の日常に戻れることを願い、苦しいながらも耐えしのぎ、助け合い、頑張っているのが今日であります。

いかに、これまでの当たり前の平穏な日々が尊く、有難く感じられ・・・くしくも実感させられるお互いではないでしょうか。
 
食べ物一つにしても、私たちは、豊富な物に囲まれて生活していると、つい物の生命を粗末にし、その有り難みを軽視し、いざ欠乏状態になると、誰もがその稀少価値を大事にしはじめ、しみじみとその物の有り難さを再認識し、あらためて感謝の気持ちがわいてくるものです。
 
だから、自粛中、この度の出来事を教訓として、自分が失って気づいたものを今一度振り返り、「ありがとう」に目覚めていくことが大切なのではないでしょうか。
 
私たちは、決して自分一人の力では生きられません。今もなお、リスクを背負い、一生懸命協力し合い、立ち向かい、大切な命を守るため日々尽力されている方々に多くの人々が支えられています。
 
せめて多くの人や物に支えられ、生かされていることを尊び、互いに支えあい感謝の言葉をかけあうことが出来れば、先は見えないけれども、心はきっと明るく豊かになって、心穏やかな感謝の生活に通じていくと信じます。
 
「ありがとう」感謝の気持ちを決して失わず、周りの人々と励ましの言葉をかけあい、暗いトンネルもいつか抜け出せると願い、この先も支えあいながら乗り切ってまいりたいものです。

2021年9月12日 (日)

一日一日の大切さのこと

10shiretoko5go_1ko1[1]
.
年を取るごとに、一日が過ぎていくのって早く感じます。

今日は、令和3年9月12日です。
去年より引き続き、新型コロナウイルス・・・都議選・・・東京オリパラピック・・・慌しく過ぎ、もう8か月が過ぎました。

年を取ってから感じる「月日の経つのが早い」こと…
一ヶ月、半年、一年・・・とあっという間に過ぎて行ってしまい、追いつけない自分がいる…「もっと一日一日を大事に過ごしたいなぁー」と最近よく思うようになったので、この機会にどうすれば、日々をもっと大切に生きることが出来るのか考えてみました。
 
時間配分を考えてやるべきことをこなす
シンプルなことですが、とても大事なことだと思います。今日は何かをやろう、と決めても時間が足りなくて結局出来なくなってしまうことは、結構あると思います。
 
何かできないことがあると、達成できなかったことが不満やストレスにもつながります。また、次の機会にやろうと思っても、その時はその時でやることがあれば・・・肝心の、やるべきことが溜まっていく一方になります。
 
時間は有限なので、その日のうちにやろうと思ったことが出来なかったら、もしかするとずっと出来なくなってしまうかもしれません。ですから、時間配分を考えてやるべきこと、やりたいことは時間内に済ませられるようにすることが大事だと思います。

2021年9月11日 (土)

正しい判断と心根

画像 089
.
「心根(こころね)」とは

心の一番奥底にある本当の気持ち、本心、本性、真情です。人の「心」は目に見えませんが、持って生まれた性質や物事の本質を意味する「根」がついて、人の内面のより深い部分を表すことで、「本当の」という意味を強調していると言えます。

世の中が豊かになるにつれて、自己中心的な価値観を持ち、自己主張の強い人が増えてきたと言われます。この考え方ではエゴとエゴの争いが生じ、到底「いい会社」になれません。チームワークを必要とする仕事などできるはずはありません。

「自分はできる」「自分が正しい」「非はない」と傲慢不遜(ごうまんふそん・謙遜でなく、おごりたかぶり人に屈することのないこと)・・・になると、周囲の人たちの協力が得られないばかりか離れていき、自分自身の成長の妨げにもなります。

「純粋な心」稲盛和夫氏・・・
純粋な心を身につけることによって、私たちは間違いのない人生を歩んでいくことができます。純粋で私心のない心、すなわち人間として高い見識や見解を判断基準として物ごとを決め、人生を歩めば、その人の人生に大きな潤いとすばらしい結果をもたらすのです。

「素直な心」
素直な心とは、自分自身のいたらなさを認め、そこから努力するという謙虚な姿勢のことです。素直な心を持つ人は、人の意見をよく聞き、常に反省をし、自身を見つめることができます。

そうした心を持っていると、その人の周囲にもやはり「同じような心根」をもった人が、集まってきて、よい方向に物事が進むといいます。

2021年9月10日 (金)

徳を積む

00nyudogumoBGM[1]
社会情勢が不穏に行き詰まりを見せている今日、私たちはいったい、何を考え生活していけばよいか解らない世の中になりかけているのではないでしょうか?
 
皆が我事ばかり考え、執着から離れられず、争いを呼び、混乱しています。
人間が持つ徳を忘れてしまっているのではないでしょうか?現在、政治も経済も、まるでゲームで熱狂するかのように徳がなくとも、その地位や財を保持することができ、それに夢中になっているような気がします。

「徳を積む」
どんなに激動で不透明な時代になろうが変わらない価値、それは人としての徳です。徳を積むということは、目に見えない宇宙自然の理ことわり(=道)の存在を認め、それに従う心を持つことです。これが道徳です。

現代社会では「SDGs」「サステナビリティ」「シェアリングエコノミー」など目新しいキャッチコピーが流行っていますが、ほんの150 年ほど前まで、数千年にわたり誰もが実践していた当たり前のことです。

地球も人間も疲弊しつつある激動の時代だからこそ、これからは徳のないビジネスモデルは淘汰されるでしょう。どんな偉大なリーダーや経営者も、すべては自分の中にある小さな念を意識することから始まります。

良くも悪くも、どんなときに気持ちが動くのか心の奥底に向き合う、その中で”よこしま”な考えをそぎ落とすように努力する・・・そして何事にも動じない正しい信念を持つことです。

常に、心がけによって自分を修めることができる人は・・・最終的に社会を平和にできる・・・逆にいえば自分の想いと社会平和はすべてつながっているという考えです。

2021年9月 9日 (木)

心を磨く

画像 323
.
「心を磨く」とは・・・
人格を高めるということです。

生まれた時より、死ぬ時の魂のほうが心が磨かれた状態、身勝手で感情的な自我が抑えられ、心に安らぎを覚え、優しい思いやりの心がしだいに芽生え、利他の心が生まれるというような状態です。

「嘘をつくな・・・」・「正直であれ・・・」・「人をだますな・・・」・「欲張るな・・・」日々修練・努力することです。そして、謙虚にして驕らず、反省ある日々を送ることです。
 
そして、大切なことは、生きてることに感謝して、善行、利他行を積み、感情的な悩みをしないことです。
 
良いことと悪いことが織りなされていくのが人生です。福がもたらされた時だけでなく、いま生かされていることに対して感謝の心を抱くこと・・・その実践が心を高め、運命を明るく開いていく第一歩で、感謝は満足から生まれるもので、不足、不満からは生まれません。

森信三先生の言葉が心に残ります。
1、朝、必ず親に挨拶をする子にすること。
2、親に呼ばれたら必ず、「ハイ」とハッキリ返事のできる子にすること。
3、ハキモノを脱いだら、必ずそろえ、席を立ったら必ずイスを入れる子にすること。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー