2021年11月29日 (月)

川とかかわりの歴史


1024px-Yudono_River02[1]        
     二つの川が落合う・・・左が兵衛川・右が湯殿川
.
川と人とのかかわり」
川と人間とのかかわりは非常に古く深いものであり、川は文明発生の拠点であったことが知られています。河川は農耕地を潤すものとして必要不可欠なものであり、日本各地で発達しました。

私たちの八王子市片倉町に湯殿川・兵衛川が流れています。
私は、今から70年前頃の記憶ですが、むかし話にありました、「おじんさんは山に芝刈りに・・・おばあさん川に洗濯に・・・」思い出の風景が思い出されます。子供の私は、夏は泳ぎ・魚(うなぎ・なまず・はや・ふな・ぎばち・どじょうなど)捕ったものです。そして、赤い腹をしたイモリも住んでいました。

田んぼに水を入れるために、「堰」があり春に堰普請があり、農家で共同で作業がなされたのです。田に水が引かれ、田の中に…ふなっ子・どじょうが孵化されて川にもどる・・・という大自然営みが幼かった私は、豊かな自然の光景が脳裏に残っています。

川は自然環境の最も豊かな一部であり、そこに川の特殊性を反映する多様で特殊な生態系が見られたのです。それらは川の美しい景観を形成するとともに、新鮮な食物を供給するものでありました。

川が近隣の地域住民にとって貴重な自然体験、交流の場でありました。そのような歴史が地域の文化を育んできたのです。そして、そのような地域文化によって、河川の景観が形成されてきたことも忘れてはなりません。

また子供たちにとって、川遊びをした小川などは、楽しい思い出の場であるとともに、多くのことを学ぶことのできる場でもあった。人格の基礎を培う原体験の場であったのです。

決して意のままにならない川の自然や生物と向き合うことで、子供たちの感性が磨かれ、創造力が養われました。自然と真剣に向き合うことで、生命の尊さ、自然の法則や仕組みを理解することができたのです。

さまざまな、年代の人々がひとつ川に遊び、これを利用する状況の中で、他者への思いやりが芽生え、人と人とのつきあい方を学び、地域社会の形成、連帯を促す・・・。また一人自然と向き合うとき、川やそれを取り巻く自然には、その生命感、躍動感、神秘性によって、人の心を癒す力があったのです。

このような川での経験は人々の心の原風景をなし、大きな心理的財産となっているはずです。このことはどの世代においても共通するものであります。

特に子供時代における経験は、かけがえのない価値をもつものです。さらにこれらの経験は、これからの地球全体の大きなテーマである「自然とどのように共生していくか」という、大きな課題に対する答えを出していかなければならない際の、非常に重要な基礎となりうるものです。

このような川と人との関係を21世紀に向けて復活し、次世代へ引き継いでゆくことが、私たちの世代に課された責務であると思います。

2021年11月28日 (日)

素直な心

画像 055
.
「素直な心とは、寛容にして私心なき心、広く人の教えを受ける心、分を楽しむ心であります。また、静にして動、動にして静の働きのある心、真理に通ずる心であります」・・・松下幸之助は定義しています。

お互い人間が最も好ましい生き方を実現していくには、それにふさわしい考え方や行動をすることが大切で、その根底になくてはならないものが「素直な心」であるというわけです。

稲盛和夫氏は
「自分自身のいたらなさを認め、そこから努力するという謙虚な姿勢のこと。」と言っています。とかく能力のある人や気性の激しい人、我の強い人は、往々にして人の意見を聞かず、たとえ聞いても反発するものです。

しかし本当に伸びる人は、素直な心をもって人の意見をよく聞き、常に反省し、自分自身を見つめることのできる人です。そうした素直な心でいると、その人の周囲にはやはり同じような心根をもった人が集まってきて、ものごとがうまく運んでいくものです。

自分にとって耳の痛い言葉こそ、本当は自分を伸ばしてくれるものであると受けとめる謙虚な姿勢が必要です。

私は、次の心を大事にしたいと思います。
◎自己中心的ではなく、私心にとらわれることのない・・・心
◎だれに対しても何事に対しても、謙虚に耳を傾ける・・・心
◎ 様々なことを受け入れる広い・・・寛容の心
◎人間本来の優しさや、思いやりを十分に発揮させる・・・心

2021年11月27日 (土)

心の拠りどころを持つこと


DSCN0400[1]
.
「毎日を楽しく自分らしく輝かせたい」そう思った時、自分の目標を明確にすることや、それに向かって進んでいく原動力が必要です。
でも、どんなにしっかりと目標を持っていても、時には心が弱ったり揺らいだりすることもあります。そんな自分を支えるための「心の拠り所」も同じくらい必要かもしれません。

心の拠り所とは⇒「支えてくれるもの、頼みとするところ」を意味します。「心の拠り所」を持っている人というのは、どんな時でもぶれずに、自分を持っているように感じさせるものです。

心が折れるのを防いでくれる
毎日の生活のなかで、ときには悩んだり疲れてひと休みしたくなることもあって当然です。でも、誰かに心の内すべてを話して相談するというのは、年齢が上がるごとに難しくなるものです。折れそうな心を支えてほしい、そんなときに大きな味方になってくれるのが「心の拠り所」です。

安心感を与えてくれる
「何があっても帰る場所がある」という確固たる思いがあると、人は強いです。心の拠り所とは、そんな、頼りにすべき対象でもあります。そして、心の拠り所にしているものを思い浮かべるだけで、なんとなく安心感を得ることができます。その安心感は次につながる力をきっとくれるはずです。

生きがいになる
心の拠り所というのは、何かあった時に、心を支えてくれるものであると同時に、慰めや癒し、気力を生み励みとなるもの、生きがいとなるものでもあります。毎日をただやるべきことだけやって淡々と過ごすのではなく、少しの時間でも「これが私の生きがい」と思えるようなことに時間を使うことができれば、充実度が上がり、毎日を輝かせることができるでしょう。

2021年11月26日 (金)

誠実な人のこと

画像 226
世の中には色々な人がいます。
自分の欲のために平気で嘘をついたり、相手を傷つけたりする「不実」な人もいるでしょう。「誠実」はその反対語で、私利私欲がなく、人や物事に対して真心があり、そして嘘などついたりしない真面目さがあるという意味があります。

誠実な人とは・・・
信頼が厚く、いつも仲間や友人に頼られている人・・・常に向上心を持ち、相手のことを気遣ってコミュニケーションをとってくれる...そう、「誠実さ」のある人物です。

「誠実な人」がつく嘘は、そんな相手を嫌な思いにさせないための嘘です。自分の保身のための相手の事を考えない嘘や、相手を陥れるような悪意ある嘘を誠実な人はつきません。

私利私欲で物事を考えない
「相手のため」と口では言いながら、自分の利益のために行動してしまう人もまた、誠実な人とは言えません。誠実な人は、自分目線からの思いやりや気遣いではなく、相手目線に立って、相手の気持ちを考えて行動出来る想像力の豊かな人でもあります。親切心の押し売りや、良い人に見られようという偽善的な行為も一切しません。
 
相手に不安や不快な思いをさせないように、自分だけではなく「相手はどう思うか、何か話したいことはないか」と気遣える心の余裕が常にあります。
 
自分の話を一方的にするのではなく、ちゃんと相手の話にも耳を傾けることが出来る人です。また「目を見て話す」という姿勢も多く見られ、「相手への信頼感」や「話すことに嘘偽りはない」という安心感も与えてくれます。
 
相手に不安や不快な思いをさせないように、自分だけではなく「相手はどう思うか、何か話したいことはないか」と気遣える心の余裕が常にあります。

 

2021年11月25日 (木)

過去を懐かしむこと

画像 405
.
過去を懐かしむ心理で、現在の状態が分かるケースがあります。ふと過去を懐かしむ自分に気付いた時には、現在の自分と向き合うチャンスかもしれません。
 
現在の自分の状態に対しては、過去よりも心身共に余裕がある場合が多いので、それに対してホッとした気持ちになれるケースも・・・このような時に過去を懐かしむ心理が働くのです。本当に忙しいような時には、過去のことを思い出す時間が持てないものです。
 
過去に対して感謝・・・
過去があるから今の自分がいるのだ…と…過去に感謝したくなる時もあると思いますが、この時にも、過去を懐かしむ心理になりやすいのです。
 
今までの努力があるから、今の自分になることができたと感じているのでしょう。レベルアップすることができたと思い、自信を持てている状態なのです。
 
普段から感謝の気持ちを、大切にして過ごすことはとても大事なです。これができる人であれば、今後も今の自分よりも様々な事で成長できる可能性が高いと言えるでしょう。
 
現在の自分でいられるのを当然だと思ってしまったら、感謝ができなくなってしまうのです。でも過去も含めて現在の自分がこうしてここにいられると思うと、過去を懐かしむ心理になると共に感謝の気持ちを持つことができるようになると思います。

2021年11月24日 (水)

働くことで得られる幸せ

画像 125
.
「人間の幸せとは・・・」
◎人に愛されること。
◎人に褒められること。
◎人の役に立つこと。
◎人に必要とされること。

「働くことで得られる幸せ」
つまり、働くことによって得られるのです。そして、幸せのモノサシは自分で決めることで、人と比べないことです。

人は役割がないと不安になる生き物です。
どこにも所属せず、ふらふら生き続けるという事は表面上からみるほど楽ではなく、誰にでも簡単にできる事ではありません。
 
人が何もせずにフラフラしているのをみて「けしからん」と憤っている人がいますが、実際のところ何もせずにフラフラするのは、想像を絶するほど苦しいものだということだそうです。
 
休みは、たまにあるから休息になるのであり、それ単体ではただの毒です。
人はあまりに長期間”何もしない”で時間を無為に過ごし続けさせられると、頭に様々な不安がよぎっていき、発狂してしまいかねない程の極地に立たされる事になるそうです。

2021年11月23日 (火)

時間は取り戻せない

画像 205
.
今日の年月日は、今日だけで・・・「時間は取り戻せない」⇒ですから、いつも真剣に生きることです。

「時間を買う」「時間を節約する」などの概念は存在しますが、過ぎ去った時間だけは絶対取り戻せません。時間は、前にしか進まない一方通行です。一方通行の道路では、交通違反でうっかり逆走する状況はありますが、時間は、それすらありません。

うっかりさえ許すことのない、完全な一方通行・・・。
たった1秒すら、取り戻せません。泣いても笑っても、今は今しかないのです。「当たり前ではないか」と思いますが、時間の貴さを自覚して行動している人は、意外に少ないものです。

「また今度しよう」「いつかやろう」と思って、先延ばしにしていませんか?前にしか進まないのですから、もっと大切にしなければいけません。そのことをしっかり意識して、今を生きていくことです。

今を楽しむために何をすべきかを考える
このように今大切なことは何かと考えると同時に、今を楽しむために何をすべきかを考えられます。大切だと思い、やっている事柄や人が好きであれば喜びも大きくなります。

大切、大切と大切なことにこ、だわりながらちっとも楽しめていないのであれば、本当のところ、大切なものではないのかもしれません。何かを続けるために大切なことは楽しむことです。成果を上げるために大切なことも楽しむことです。

2021年11月22日 (月)

前向きに生きる

画像 355
.
「ストレスを溜めない」
前向きな気持ちを持つためにまず大切なことは、ストレスを溜め込まないことです。ストレスの原因となるものからは離れ、”心身を休ませてあげる”ことが大切です。
 
例えば仕事に問題があるのであれば、ハイキング・スポーツ、映画鑑賞など関係のない分野に没頭してみては・・・。楽しい時間は気分をリフレッシュさせ、自然と前向きな気持ちを生み出すようにするのです。
 
小さな努力を積み重ねる
小さな努力を繰り返して成功体験を積み重ねていくと、徐々に自信が身につきます。自分ができる範囲の些細なことでよいので、昨日よりも今日の自分が成長したと思えることを増やすのです。「自分には無理かも」と否定せず、とにかく一度やってみることが大切です。できることが増えていくにしたがって、だんだんと自分のことを好きになり、自己肯定感が増していきます。
 
人と比べない
他人と自分を比較すると、つい自分の劣っているところに目を向けがちです。比較する対象が優秀であるほど、劣等感がますます大きくなり前向きな行動がとれなくなります。人の評価を気にしてばかりでは、何も自発的な行動を起こすことはできなくなってしまうかもしれません。周りの人と比べてどうかよりも、自分がどうしたいかを考えることが重要です。
 
ポジティブな発言を心がける
前向きな考え方を持つためには、言動を変えるのもよい手段です。ポジティブ発言を心がけると、自然と自分の気持ちが言葉に引っ張られて前向きになれるかもしれません。逆にネガティブな発言ばかりしていては、暗い気持ちに囚われてしまい、楽しい未来を考えられなくなってしまうことも・・・。

内心はつらくても、明るい言葉を口にして笑顔で過ごすことで、自分の雰囲気を明るく保てます。周囲にも明るい印象を与えることで人間関係が良好になり、自分の自信にも繋がるのです。

2021年11月21日 (日)

ゴミの出し方で民度が分かる

南の大橋の上から

民度が低い人とは・・・
タバコの吸殻・ゴミを公園や道路に当たり前のように捨てるような、「モラルが低い行動をする」・・・また公園などの、公共施設を壊したりする人のことを言います。マナーやルールを守らない人も同じです。

「ゴミ出しが雑な地域ほど「民度が低い」
私が住んでいる地域の集合住宅で見かけますが・・・ 公道に面した場所にゴミ置き場が設置されています。当たり前のようにゴミの出し方は守らないし、ゴミ置き場が汚いです。 民度が低いということがわかります。

守ってほしい公衆道徳
公衆道徳は人々が生きていく上で守らなければならない道徳、マナーの事です。道路にたばこの吸い殻を捨てない、ごみは決められた日に出す、行列に割り込まない等お互いが気持ちよく暮らす為の道徳を指しています。

2021年11月20日 (土)

人間の生きる目的

画像 231
.
「人間の生きる目的・・・」
〇 自らの能力・適性を活かし精一杯生きること。
〇 次の世代により良い社会・価値観と言った財産を引き継がせること。
このことを定義すると、それを果たしている人間ほど価値のある人間と言うことです。すなわち、自分の持つ能力・適性を活かし、社会の発展に貢献する人間です。
 
社会は人間がより精一杯、自分らしく生きるための舞台です。
例えハンデがあったとしてもそれを受け入れた上で精一杯生きるなら、だらだら生きているだけの人間よりもよほど意義のある生を送っていると思います。また、より良い社会の発展や価値観の形成は次世代の人たちがより良い生を送るための助けとなります。

より次世代にあった価値観を残していくことは、今を生きる者にとっての使命だと思います。法や価値観自体はただの手段に過ぎません。あくまでも目的はより良く生きることです。
 
どんな人間が、どう生きるために社会があるのが好ましいのでしょうか。
社会とは精一杯生きようとする人間が精一杯生きることが出来るための場所です。かつては社会の主役は富を持てる者でした。それが人権意識の発達とともに主役になれる・・・ボーダーラインは引き下げられてきています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー