« 心の豊かさとは「足るを知る」こと | トップページ | 幸せとは何だけ »

2021年11月17日 (水)

自利自他の心

画像 222
.
「自利利他」
自利とは、自らの幸せ・・・。利他とは、相手の幸せ・・・。

 「幸せになりたければ、利他に心がけよ」

お釈迦様は、幸せになりたければ、相手を思いやりなさい。相手の幸せを思いやってかけた言葉や行動は、必ず、あなた自身に思いやりとなって返ってきますよと教えられています。

「自利利他の心」
利とは幸せという意味ですから、相手の幸せを思いやることが、自分が幸せとなるということです。誰しも人は恋人、家族、他人、世の中といった自分を取り巻く人のための力になりたいという利他的な本能、思考、行動があります。

利他の心は人間の潜在意識の一番奥にあり、その前に利己の心があるという。ややもすると人は利己の心で判断・・・私も自分の未熟さをよく感じます。

利他の心をどう引き出すか大事なこと
始めは小さなことでいい・・・道のゴミを拾う、玄関の靴を揃える、身体の不自由な人に席を譲る……。

自分のしたことが他人の喜びにつながり、自分にもかえってくるという繰り返しが起こる……。自分だけ利益を得ようとしてはいけません。他人にも利益を与えることです。

« 心の豊かさとは「足るを知る」こと | トップページ | 幸せとは何だけ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 心の豊かさとは「足るを知る」こと | トップページ | 幸せとは何だけ »