« 誠実に生きるとは | トップページ | 大自然に生かされている人間 »

2021年11月 4日 (木)

生き様は人それぞれ

2_2006_1201_133713-DSCF0603[1]
.
「生き様」とは、 生きていく上での、具体的なその人が生きていく態度・ありさま。生き方…「国語辞典」より…

「生きざま」から連想すること
魂との闘い・全力投球で・生き方・まっしぐらに進む・身の上・理想像・信念・断固としたなどなど、数えきれないたくさんの言葉が連想できます。

生き様が誰かを助ける
恵まれない環境下で生き抜くのは大変です。そんな中であっても、必死で生き抜こうとする姿勢は、同じような境遇にいる人にとって、大きな励みになります。成功したかどうかは関係ありません。“今”生き抜こうとしているその様が、人を励まし、勇気と希望を与え、誰かを助けるのです。
 
感謝を求めない行為
人知れずゴミを拾う。「ありがとう」を言われることを求めていません。ただ、その道を行く人達が気持ち良く歩けるようにと願い続けています。そして町の人が、この町に住んで良かった、と思えるように願っているだけです。
 
人生は、前進するか後悔するか
やりたいことをやらなかったとき、人は後悔します。やりたいことをやって失敗しても、後悔はあまりしません。「失敗したけれど、あの時やって良かった」と言えます。失敗しても成功しても前進するのです。やらなかった人は、失敗も成功もしません。後悔だけが残ります。
 
平凡に生きるだけでも立派
今の日本は、自ら命を絶つ人が2万人を超え、小学生・中学生も増えて異常な状況です。それだけ、生きづらい世の中なのです。今の時代、平凡に生きるだけでも立派です。平凡に生きることすら難しい世の中なのですから・・・
 
人生を大切にする人は、今を大切にする
人生を真剣に生きている人は、「将来」「未来」という言葉をあまり使いません。それより、「今」「今日」という言葉をよく使います。「今」が人生に大きな影響を与えていることを肌で知っているからです。「今」が人生を作るのです。全力で、今を生きよう。

« 誠実に生きるとは | トップページ | 大自然に生かされている人間 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 誠実に生きるとは | トップページ | 大自然に生かされている人間 »