« 年を取って知る生きることの難しさ | トップページ | 生き様は人それぞれ »

2021年11月 3日 (水)

誠実に生きるとは

画像 222
.
「誠実さ」のある人は・・・
私利私欲がなく、人や物事に対して真心があり、そして嘘などついたりしない、真面目さがあるという意味があります。「誠実な人」になるのに特別なスキルや学歴などは一切必要ありません。日々のちょっとした心がけで誰でも誠実な人になれるのです。

誠実に生きることで、私たちはほんとうの幸せを得ることができます。
たとえば、受けた恩を感謝し、その恩を何かのかたちで返していく努力をするのも、誠実な生き方の現れです。このような智慧をいつも大事にしながら生きていくことです。
 
人は「していただいた」ときには喜びを感じます。
しかし、しばらくするとそのありがたさが半減し、いつしか忘れてしまうものです。あるいは「していただい」たことに気がつかなかったり「していただた」ことを当然なことと思ってしまうことです。

私利私欲で物事を考えない
「相手のため」と口では言いながら、自分の利益のために行動してしまう人もまた、誠実な人とは言えません。誠実な人は、自分目線からの思いやりや気遣いではなく、相手目線に立って、相手の気持ちを考えて行動出来る想像力の豊かな人でもあります。

« 年を取って知る生きることの難しさ | トップページ | 生き様は人それぞれ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 年を取って知る生きることの難しさ | トップページ | 生き様は人それぞれ »