« 生きていられるだけで幸せ | トップページ | 徳を積む »

2021年9月 9日 (木)

心を磨く

画像 323
.
「心を磨く」とは・・・
人格を高めるということです。

生まれた時より、死ぬ時の魂のほうが心が磨かれた状態、身勝手で感情的な自我が抑えられ、心に安らぎを覚え、優しい思いやりの心がしだいに芽生え、利他の心が生まれるというような状態です。

「嘘をつくな・・・」・「正直であれ・・・」・「人をだますな・・・」・「欲張るな・・・」日々修練・努力することです。そして、謙虚にして驕らず、反省ある日々を送ることです。
 
そして、大切なことは、生きてることに感謝して、善行、利他行を積み、感情的な悩みをしないことです。
 
良いことと悪いことが織りなされていくのが人生です。福がもたらされた時だけでなく、いま生かされていることに対して感謝の心を抱くこと・・・その実践が心を高め、運命を明るく開いていく第一歩で、感謝は満足から生まれるもので、不足、不満からは生まれません。

森信三先生の言葉が心に残ります。
1、朝、必ず親に挨拶をする子にすること。
2、親に呼ばれたら必ず、「ハイ」とハッキリ返事のできる子にすること。
3、ハキモノを脱いだら、必ずそろえ、席を立ったら必ずイスを入れる子にすること。

« 生きていられるだけで幸せ | トップページ | 徳を積む »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 生きていられるだけで幸せ | トップページ | 徳を積む »