« 歳をとって故郷を懐かしむ | トップページ | コミユニケーションの在り方を考える »

2021年9月14日 (火)

地域の自然は地域の人で守る

002[1]
.
過去何十年かの人間の暮らし方で、古代から引きついてきた「自然環境」このまま放置されたとしたら、地球上に暮らす人間はじめ、生物にも、危機が迫ってきます。

今、問題となっている「地球温暖化」は、一見、関係が無さそうないのですが、私たちの普段の暮らしが、直接かかわっています。環境保全は、普段の暮らしの中で意識を持ち、後世つなげる責務があります。

海や森の自然を壊すような製品は使いたくない・・・また、他の国の人を困らせるようなライフスタイルは、できれば選びたくないものです。
 
「地域の自然は地域の人で守る」
大切なことは「地球温暖化」について意識と関心を持つことです。毎日の暮らしの中で、無意識に、自分がしている行為・・・公園・道路にタバコの吸殻・ゴミのポイ捨て行為を改めることです。

地球温暖化の抑止は、地球上に住む一人ひとりの「自然環境守る」意識と行動が大事ということになります。

« 歳をとって故郷を懐かしむ | トップページ | コミユニケーションの在り方を考える »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 歳をとって故郷を懐かしむ | トップページ | コミユニケーションの在り方を考える »