« 環境美化は、行政・ボランテイァではない | トップページ | 生きることに真剣に »

2021年8月20日 (金)

地域コミニティ活性化

八王子市内を望む2
地域コミュニティは決して古くさい前時代の遺物ではありません。
今の時 代も、いや、いまの時代だからこそ、地域のなかで安心して、暮らし たいと願う・・・一人ひとりの住民にとっても、住民とのパートナーシップを求め る行政にとっても、地域コミュニティの再生は重要な課題です。

しっかりした地域コミ ュニティの存在が不可欠です。自分が住む地域「安心・安全で暮らせる」は、誰しもの願いです。

自分の地域を良くしたい という想い、「こうなったらいいなぁ」という個々の住民の つぶやきが活かさせるような、そんな地域コミュニティがあってはじめて、 自分たちで自分たちの地域のことを一緒に考えたり、自分たちでルールをつ くったりできるし・・・地域の想いをまとめて市に提言したりすることができる のです。

「そんなものは自分とは無縁」
と思っている人も、よく考えてみれば、地 域コミュニティは自分や自分の家族が安心して、暮らすうえで「役に 立つ・必要な」ものだということは分かってもらえるはずです。

私たちの地域はコミュニティがしっかりしていて良かったと、地域のみんなが思 えるようになることです。そのためには、地域も市行政も、昔ながらのやり方・昔ながらの関係を踏 襲するだけでは不十分です。

たとえば、地域や周りの人たちのことを思いや り、自己実現を目指して、子育て支援や地域文化の継承、環境保全など、様々 なボランティア活動に参加することです。

市民は多いにも関わらず、多くの地域組織は そのような想いをもつ人たちを巻き込むことができていないのも確かで す。地域組織も市行政も変わらなければいけない時代に来ていると、私は思っています。

« 環境美化は、行政・ボランテイァではない | トップページ | 生きることに真剣に »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 環境美化は、行政・ボランテイァではない | トップページ | 生きることに真剣に »