« おかげさまの心 | トップページ | 心に「余裕」を持つ »

2021年8月12日 (木)

与える喜びと、分け合う喜び

Firefly_ホタル_蛍_Hotaru[1]
「与える喜びと、分け合う喜び」与える人は幸福になれる。。。
世界が平和になるためには、世界中の人が手を繋いで、分け合う心が重要なのではないでしょうか。

あれも欲しい、これも欲しいという気持ちから、奪い合う精神が生まれます。私が好きな言葉に相田みつをさんの言葉に…「うばい合えば足りぬ、わけ合うとあまる。」があります。

与えるメリット
メリットといっても損得勘定や、見返りを求めては、また苦しくなるのでやめておきましょう。
〇 他人に与える喜びは持続しやすい。(与うるは受くるより幸いなり)
〇 与えられる幸福は徐々に順応するため飽きる。与える幸福は様々なパターンがあるため、飽きにくい。
 
大切な考え方…最初から見返りをもとめていないか?
例えば、電車で高齢の方に席を譲った。私が降りるまでお礼を言われなかった。
なんとなくモヤモヤしてひとに愚痴を言ってしまった。わかりますか?席を譲るという行為は自分の善意ですがエゴも入っています。(もちろん人を思いやる気持ちは素晴らしいです。)
 
エゴで行動する→見返り(御礼など)がないとモヤモヤする→そのモヤモヤが口に出てしまう。この考え方をよく理解してください。。。見返りではなく、与えることに対する喜びを素直に感じましょう。

「本当の幸せは、与えられる幸せではなく、与える幸せの中にあるのです。」人間関係とはすごくシンプルなものです。喜んでもらえる行動を考えましょう。

« おかげさまの心 | トップページ | 心に「余裕」を持つ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おかげさまの心 | トップページ | 心に「余裕」を持つ »