« 本当の幸福感 | トップページ | 歳を重ねるごとに老化は進む »

2021年8月 4日 (水)

町の美化について

2013121402[1]

空き缶、たばこの吸い殻などの、ごみの投げ捨てや、放置された”犬のふん”は、近くに住む人や通りかかる人の気分を害するとともに、ごみの投げ捨てが繰り返されるなど、町のまちの美化を阻害する負の連鎖を生み出しています。

また、歩行しながらの喫煙がもたらす受動喫煙の健康に与える影響や、手に持ったたばこも環境美化の観点から大きな問題となっています。町の美化は、町に住む人の一人ひとりが、マナーを守り「町の美化の認識」が大事です。

〇 町の皆様の努め
町の皆さんは、地域の良好な生活環境の保全とともに、地域における生活環境美意識を高め、自宅の前の道路などの積極的に清掃して頂くことです。

〇 土地所有者の努め
土地所有者の方には、その土地が周辺の生活環境を損なわないように生活環境美化のため必要な措置を講ずるとともに、協力するよう努めて頂くことです。

〇 事業者の皆さんの努め
事業者の方には、事業所及びその周辺において生活環境美化活動を積極的に推進して頂くことです。

« 本当の幸福感 | トップページ | 歳を重ねるごとに老化は進む »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本当の幸福感 | トップページ | 歳を重ねるごとに老化は進む »