« 老いの苦しみ | トップページ | 純粋な気持ちでいたい »

2021年8月18日 (水)

最高のリーダー

DSC071201[1]
最高のリーダー
「 好かれなくても良いから、信頼はされなければならない。嫌われることを恐れている人に、真のリーダーシップはとれない」という言葉がある。身にしみる言葉です。

リーダーシップとは
信頼される人は誰からも好かれ、真のリーダーシップを取れる・・・トップを嫌う者はそうは、いないのではないでしょうか。

【「トップ」と「リーダー」】
その組織のトップになる…というのはそれなりの能力も努力も必要不可欠であり、場合によっては、キャリアや年齢にも左右されます。また、自分の能力だけでなく、政治的な力関係、その他の力も働く・・・もちろん、トップになれる人は、ほんの一握りの限られた人だけです。

リーダーは、トップの地位としての責任だけではなく、人間性、指導力、志、意欲、哲学やそれらを伝える言葉などすべてが必要です。組織の中で「トップ」に立ったからといって、その人物が必ずや組織の「リーダー」としてふさわしい仕事ができるかどうかは、別問題です。

自己犠牲的精神
人が嫌がりそうなことは率先して行い、仲間からの信頼と尊敬を集めていく事です。
人に嫌なことばかりやらせて、責任の重い仕事も人に押し付けて、成功すれば自分の手柄、失敗すると人のせいにするということをしていれば、仲間はついて来ないのは、当たり当然です。
 
しかし、自分を犠牲にして苦しい思いをするくらいなら、リーダーなんかなりたくない・・・と思う人もいると思いますが、それは「リーダーの自己犠牲」について良くわかっていないと言うことです。

« 老いの苦しみ | トップページ | 純粋な気持ちでいたい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 老いの苦しみ | トップページ | 純粋な気持ちでいたい »