« 誰にも遺せる唯一なものとは | トップページ | 正義感が強いことは価値観の押しつけか »

2021年8月24日 (火)

「今」に最善を尽くせば幸運を招く

画像 207
お釈迦さまの言葉に「
過去を悔まず、未来を憂えず、 今に最善を尽くせば幸運を招く」があります。今やるべきことをよく観察し・・・心を揺るがさず、今日やるべき事に最善を尽くすことです。

今、私も高齢者の仲間入りして、思うのですが、歳をとるとはこう言うことか「・・・心身に弱わさを感じるようになって・・・」これから先、どう生きればいいのか過去の悩みと違う、新たな悩み事が多くなりました。
 
「今を生きる」しっかり生きることだということ
過去のことを考えも、今では出来ない、未来のことを考えても不安ばかりで、悩み勝ちになります。それは、「今」をしっかり生きいないのです。時間をコントロールできるのは「今」しかないのです。
 
過去は「確定済みの出来事」であり、未来は「予測不可能」なものです。つまり、過去と未来は自分でコントロールすることができないことです。自分でコントロールできないことに拘っていたり、努力するのは労力の無駄というものです。
 
しかし、未来に関しては、今の行動次第で自己コントロール出来ます。予測不可能が、可能に・・・それは、過去の経験と、今の行動、習慣により、予測可能になり得るからです。未来から逆算し、今の行動を継続、積み上げることで、期待する未来を手にすることができます。ですから、過去の経験と将来を見据えて「今を確り生きる」ことです。

« 誰にも遺せる唯一なものとは | トップページ | 正義感が強いことは価値観の押しつけか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 誰にも遺せる唯一なものとは | トップページ | 正義感が強いことは価値観の押しつけか »