« 心が広い人 | トップページ | 現代が直面する町会の問題 »

2021年7月30日 (金)

「生きざま」は人それぞれ

画像 229

「生き様」その人が生きていく態度・ありさま。生き方。その人の生きるありさまのことです。

「生きざま」の類義語とは?
「生き方」「あゆみ」「生き姿」「生きる姿勢」とあります。日本は、自己肯定感の低い人が多く、若者の自殺率は世界で有数といわれています。豊かで便利な日本で、死にたいと思う若者が後を絶たないのは悲しい事です。
 
人間としてどう生きるか、それぞれの生きる姿勢というのが、人生を生き抜く上でとても重要な課題といえるのではないでしょうか。

人それぞれ、生きざまは異なります
何を大切にしているか、どういう時に幸せと思えるかどうか、人生のターニングポイントでどう選択するかなど、ただ生きているだけで、人は自分の人生をおのずと形作っています。生きざまとは、自分の生きる姿勢を体現する大きなテーマと言えます。
 
とはいえ、社会的な価値観や周囲の勝ち負けにこだわっていると、自分らしく生きることが難しくなります。自分が持てる最大限の努力をするためには、本来の自分らしさが現れてこそ、発揮されるものではないでしょうか。

作家の芥川龍之介の人生論より、『人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしい。重大に扱わねば危険である。』とあります。人それぞれの生きざまは、単純明快ではないということでしょう。

« 心が広い人 | トップページ | 現代が直面する町会の問題 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 心が広い人 | トップページ | 現代が直面する町会の問題 »