« 他を生かして生かされて | トップページ | 本当の幸せとは・・・ »

2021年5月 3日 (月)

正しく生きる

画像 195

「正しく生きるとは」自分が行う行動の善悪の判断を誤らないことです。
行動する前に物事の良し悪しを見分ける必要があります。大概は自分の心で判断する方法でよいのですが、分からなかたら、調べたり人に聞くなりすることです。
 
正しいと思えば突き進み、間違っていると判断すれば誘惑に負けないで潔く止めることです。自分が行う行動が間違っていたら修正が必要ですが、それは行う前にやめる必要があります。過ちをおかしてしまうと手遅れになるからです。
 
人として歩むべき道を外れないこと
人道を外れないことも大事です。人として守るべき道を自分の意志で守ること、道を外れたら後で困るのは自分自身です。自分を守るために正しい道を守って進むことです。
 
その場限りの判断で「この先のことはどうでもいい。後からどうにかしよう。」とやみくもに進み、結局後から後悔するような選択はやめることです。自分の人生を自分で壊さないことが大事です。自分の人生は自分で守ることです。
 
それでは正しく生きるためにはどうしたらいいか
学ぶこと、人を幸せにすること、ルールを守り場所を支えること、人がどれだけ大切かを知るためだと思います。これができれば、正しく、安全に楽しく生きることができ、人の幸せも作ることができます。
 
私たちは「誰かにとって必要とされること」「大切な存在であること」、つまり「他者」とのつながりのなかでこそ、はじめて「自分の大切さ」が実感できるのではないでしょうか。そして、人は何歳になっても、まだまだ知らないことだらけだし、誰にでも伸びしろがあるのです。

« 他を生かして生かされて | トップページ | 本当の幸せとは・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 他を生かして生かされて | トップページ | 本当の幸せとは・・・ »