« 人生の目的とは何か | トップページ | 地域の活性化について »

2021年5月16日 (日)

これからが、これまでを決める

f:id:sekitoba1007:20191115231737j:plain

浄土真宗 真宗大谷派の藤代聡麿(ふじしろとしまろ)さんという名僧の有名な言葉があります。
 
「これまでが これからを 決める」 のではない。「これからが これまでを 決める」 のだ 。過去があって、今があり、今があって、未来がある。それは確かに真実。
 
過去に起こった事実は変えられない。
未来は過去の続き、だから、自分のこれからの人生は、歩いてきた道の続きでしかない。それも確かに事実だけれども、過去の後悔や悲しみは消えることがない、のではない。
 
過去の事実は変えられないけれど、意味は変えられる。生きてきた人生の意味は、これから、自分で決めることができる。これからの生き方が、これまでの人生を、決める。
 
つまり、「これからが これまでを決める」とは、失敗したことも、思い通りにいかなかったことも 、みんな無駄ではなかった、自分には必要なことだったと「これまで」(過去)に意味を見出し、引き受けていくことでしょう。
 
変えることも、消すこともできない「これまで」(過去)は、「これから」の生き方次第で、その意味が大きく変わるわけです。

« 人生の目的とは何か | トップページ | 地域の活性化について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生の目的とは何か | トップページ | 地域の活性化について »