« 当たり前に感謝 | トップページ | 高齢者の生き方 »

2021年5月10日 (月)

心の教育

DSCN0400[1]

心の教育とは、知性(知識、推理、判断)、感性、意思、倫理などのこころの活動の調和のとれた発達を重視 する教育のことです。
 
教育の原点は「家庭」にあります。子ども 達は、家族との温かい関わりや体験を通して、 基本的な生活習慣や生きていくために必要な 社会でのマナーなど多くのことを学び、たく ましく成長していきます。
 
今、経済的な発展により物質的には豊かですが、 子どもを取り巻く教育的環境は、必ずしも十分 なものとは言えません。核家族化や少子化、 女性の社会進出や地域とのふれあいの希薄化、 ライフスタイルの多様化など、厳しい社会状況 の中で様々な課題や悩みを、抱えている家庭が 多いのが実情です。
 
子どもたちを取り巻く環境が変化する中、家庭や地域と一 体となって、子どもたちに望ましい生活習慣や、正しく判断し主体的に行動できる規範 意識、豊かな人間性を育むことが必要であり、「心の教育」の一層の推進が求められて いると思います。
 
私は、この厳しく変化する現代社会にあっ て、全ての子どもが持つ無限の可能性をしっ かり引き出し、誰も安心で安全な、未来に希望が持てる社会をめざす「心の教育」を再認識すべき問題と考えます。

« 当たり前に感謝 | トップページ | 高齢者の生き方 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 当たり前に感謝 | トップページ | 高齢者の生き方 »