« 老いて考える | トップページ | これからが、これまでを決める »

2021年5月16日 (日)

人生の目的とは何か

画像 029

稲盛和夫氏は・・・生きる目的は「魂を磨くこと」と言っています。
私も、その人生において、自分自身の魂を磨き、美しい心、美しい魂を作り上げていくことが、人生の目的ではないかと思います。

心を磨くとは、魂を磨くことです。
言葉を換えれば、人格を高めるということです。人間性を豊かにし、美しい人間性をつくっていくということです。死にゆくとき、生まれたときよりも少しでもましな美しい魂に、またやさしい思いやりに満ちた美しい心を持った魂にしていたいと思います。

人生は人間としてその人の生きざま社会のためにどう尽くすかなのです。「人 間の質」、戦後の教育でそうしたことは失われ、自分さえ良ければ、の考えが広く 行き渡り人間性が失われました。

近年は、ボランティアの精神の意 味がほとんど理解できないそうした世代の人たちばかりです。つまり地域を良 くし、人とのつながりを大切にする。ほとんどの人が考えてないのが現状です。 つまり人生はお金や地位ではないのです。

多くの人は年をとって死を迎えた とき気づくのです。また、今元気だから死など思いもよらないことで、自分の 人生についてどう生きるかも考えたことはないと思います。しかし、いざ死を 迎えたときに自分の人生の間違いに気づくのだと思います。もし気づかないと したら、その人の人生は空しいものです。

« 老いて考える | トップページ | これからが、これまでを決める »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 老いて考える | トップページ | これからが、これまでを決める »