« 地球温暖化と私たちの暮らし | トップページ | 老老介護・認認介護の問題 »

2021年4月22日 (木)

今さえ良ければの考えは悲しい

画像 041
.
「今さえ、良ければ」と思うのは、みな‶埃の心〟です。
ほこりは吹けば飛ぶような些細ささいなものですが、油断をしているといつの間にか積もり重なり、ついには、ちょっとやそっとではきれいにならないものです。
 
「今さえ良ければいい」
「自分だけ良ければいい」
「自分だけ、今、幸せであればいい」
「自分だけ結構であればいい」
「自分だけ出世すればいい」
 
自分だけ!自分だけ!と、思う心は‶埃〟です。
三十年後、百年後、日本が、世界が、どうなろうと関係ない・・・。今、自分が生きているこの時代だけ良ければ、それで良いと言う心は、みな‶埃〟です。
 
ご先祖は、どう考えたでしょうか?木を切ったら、必ず、その横に木の苗を植えたものです。だから繋がっていったのです。

« 地球温暖化と私たちの暮らし | トップページ | 老老介護・認認介護の問題 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地球温暖化と私たちの暮らし | トップページ | 老老介護・認認介護の問題 »