« 地域資産の風景を守る | トップページ | ゴミのポイ捨てが減らない »

2021年4月27日 (火)

底知れぬ“欲の心”

画像 016


「貪欲」(とんよく)と言うと何となくマイナスな意味合い、あまり良くない印象を受けますが、実は「貪欲」は悪い意味だけでなく良い意味でも使うことができます。


落ちて行く
   奈落の底を
      のぞき見ん
   いかほど深き
       欲の穴ぞと

貪欲・・・底の知れない欲の心に振り回されて苦しんでいる・・・
底の知れない欲の心を仏教で貪欲といいます。金が欲しい、物が欲しい、褒められたい、認められたいという私たちの欲の心には、際限がありません。

 
自分の欲を満たすために他人をだましたり、傷つけたり、遺産相続をめぐって親戚同士が争ったりすることは、決して珍しいことではありません。世界中の戦争、紛争などを見ても、この欲の心が動機になっていることが、多いのではないでしょうか。

貪欲を青鬼で表されるのは、欲が底知れぬ海のように深いから
なぜ、その貪欲を青鬼に例えられるのかというと、欲には底が知れないからです。海は、深くなればなるほど、その青さを増して行くように欲望も、満たせば満たすほど、深くなっていきます。「もっと欲しい、もっと」という欲の心は果てがありません。

« 地域資産の風景を守る | トップページ | ゴミのポイ捨てが減らない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地域資産の風景を守る | トップページ | ゴミのポイ捨てが減らない »