« 感謝の心を忘れずに | トップページ | 木の芽どき »

2021年4月 5日 (月)

目配り・気配り・心配り

IMG_0154
現代社会はデジタル社会そのものです。

私たちの日常はデジタルに取り囲まれ、とても豊かな生活へと導かれているようですが、その一方で、デジタル特性に支えられコミュニケーションの個別化は、従来以上に家族や人間関係の希薄化が囁かれています。

人間社会とのつながりや環境の質といった生活の満足度など、デジタル化によって、生まれた隙間を余暇や趣味などの豊かな生活に使うのではなく、常にスマートフォンを携帯し、休日関係なくメールの確認をするなど仕事に追われ、ストレスを助長してしまっている現状があります。

 よりよく生きていくためには・・・より良い人間関係を作るにはやっぱりアナログが基本です。ふれあい人々が幸せに過ごし、住 みよい社会にしていくため には、3つの「配り」が大切だと思います。

 〇 一つ「目配り」です。
例えば、「知っている人に気づいて挨拶する。床 に落ちているゴミを拾って捨てる。」など、周囲を意識することです。

 〇 二つ「気配り」です。
「人とすれ違うときに、ちょっとよける。困っ ている人がいたら声をかけてあげる。」など、相手を気遣うことです。

 〇 三つ「心配り」です。
これは、「顔で笑って心は泣く」みたいなこと もあるので、相手の心としっかり向き合うことが大事になります。

« 感謝の心を忘れずに | トップページ | 木の芽どき »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 感謝の心を忘れずに | トップページ | 木の芽どき »