« 誰だって歳を取るのは初めて | トップページ | 遠くの親戚より近くの他人 »

2021年4月25日 (日)

しっかり生きること

画像 004

.
「しっかり生きる」
「私たち人間の社会」を生きるというのは、世の中でキチッと仕事がやれる・・・あるいはキチッと世の中で生きていけるということです。

具体的にいうと、家族のなかで役割を果たし、組織のなかで仕事をし、そして社会のなかで一人の人間として生きていく・・・そのための力を成人なるまでに、つけていかなければなりません。その根幹の部分は学校で身につけていくことだと思います。

しかし人間は、親になるとか、社会でリーダーになるといったことは、みんな一つのエピソードです。結局、人は一人で生まれて一人で死んでいく・・・昔は「人生50年」と言われ、今は80年、90年にも延びましたが、それでも、アッという間の人生です。

大事なことのは、自分が存在しているという意識があるかどうかです。自分はこういうことにワクワクするとか、こういうことは悲しいとか、自分自身のあり方がわかり、死ぬ間際まで「生まれてきて良かった、生きていくのが楽しい」と思って生きていく・・・それは自分に与えられた命を大切に、大事に、生きていくことになるのです。

誰かや、社会の基準の損得勘定で自分の人生の選択をするのではなく、自分が生きててよかったと思えるような、生き方をしたいものです。

« 誰だって歳を取るのは初めて | トップページ | 遠くの親戚より近くの他人 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 誰だって歳を取るのは初めて | トップページ | 遠くの親戚より近くの他人 »