« 辛さ苦しさは成長の糧 | トップページ | 安心・安全な町づくりを! »

2021年3月 6日 (土)

会うは別れの始まり

画像 419
.
「会うは別れの始まり」
私は、その言葉を「一期一会」という言葉と対にして考えます。出会いは、必ず、いつか訪れる別れを前提として存在するのです。だからこそ、いつ別れがきても悔いが残らないように、出会った人全てを大切にして生きたいと思います。
.
一度だけの人生で出会った人々、今、周りにいてくれる人々・・・その人たちに、常に誠意と感謝の心を持って接していれば、いつか別れがきた時、悲しみや寂しさは感じても、後悔はないでしょう。
.
そして、その悲しみや寂しさを心の糧にして、新たな世界へ飛び出し、心豊かな人生を送れると思います。寂しさや悲しみを身をもって知っている人は、他人の心の痛みを理解できます。何事も、いつか来る終わりがあるからこそ、輝く今と、意味があるのだと思います。
.
悲しみを乗り越えていく第一歩は、辛く悲しいけれど、その別れの現実を受け入れなければなりません。この地球に生きていこうとするならば、天変地異のおこることを宿命として享受しなければ生きていけません。東日本大震災のような大自然の気まぐれによる悲しい別れを受け入れざるをえません。
.
されど天変地異もさること、病魔が突然襲ってくること、事故や事件に遭遇することなど人災によるもの、耐え難い悩み苦しみから逃れようとして自死してしまうなど、その死が不条理なものであればあるほど、その死の現実は認めがたく、容易にその死を受けいれられないものです。そして親が子を亡くすほど深く悲しいものはないでしょう。

« 辛さ苦しさは成長の糧 | トップページ | 安心・安全な町づくりを! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 辛さ苦しさは成長の糧 | トップページ | 安心・安全な町づくりを! »