« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月31日 (木)

高齢者の「生きがい」を持つこと

画像 676
.
高齢者とになって思うこと
「生きがい」を持っているか、「やりがい」を持って活動できているかは、「老後の健康状態」や「認知症の発症率」に関係しているようです。
.
生きがいがあると認知症になりにくい?
「生きがい」とは、「生きていてよかったと思えるようなこと」「生きる価値や意味のこと」です。どんなことに生きがいを持っているかは人によって違います。生きがいは心の充実度の問題であって「身体の健康状態」には関係がなさそうにも思えますが、認知症の発症率に関わっている可能性があるということです。
.
生きがいは寿命も左右する?
生きがいは認知症の発症リスクだけでなく、死亡率にも関連していると考えられています。ある調査では、「人生に高い目的意識を持っている人は、心血管疾患や死亡のリスクが低く、寿命や健康寿命が長い」という結果が出ているそうです。
.
生きがいがなぜ死亡率に関係するのか、詳しいことはわかっていませんが、人生を前向きに考えている人は身体の活力や回復力が強まったり、ストレスが低下して精神面で健康をもたらすことから、長生きしやすいのではないかと考えられています。
.
高齢者が生きがいを持つためには?
社会参加や地域とのつながりを持つこと、趣味や余暇を楽しむ余裕を持った生活をすることが大切であり、いろいろなことに興味を持って経験し、自分が価値を見出せるものに出会うことです。

2020年12月30日 (水)

心を落ち着かせること

画像 231

今年は「新型コロナウイルス」騒ぎで過ぎようとしています。こんな時にも、フラットな気持ちでいられたら、どんなに毎日が平和だろうか?

しかし、安定した気持ち続けたいと思っていても、周りの人からの言葉や態度、自分の内からくる不安感や孤独感などによって、どうしても気持ちをフラットな状態で保つのは難しいときもあります。

周りの人にも、冷静に思いやりをも持った行動をすることです。そして自分の気持ちに素直になるのはとても大事なことです。マイナスの感情に毎回振り回されてしまうと周りの人も、自分自身もしんどくなってしまいます。

心を落ち着かせると、疲れたカラダもホットする
体の疲れのサインに気づきやすいけれど、心の疲れにはなかなか気づきにくいものです。まずは、心が疲れていることに気づくことです、そして心が疲れていることに気づいたら、しっかりと心の休養をとることです。

自分にとってマイナスに思えることでも、「こういう時期だからこそ成長のチャンス!だ」と思って、行動を心がけると、心が落ち着いてくるものです。

2020年12月29日 (火)

地球環境問題は深刻

画像 253

地球は悲鳴を発しています。このままの暮らし方では住めなくなります。
世界の平均気温を産業革命以前に比べて1.5度に抑えるように努力するパリ協定の目標を実現するには、2050年までに世界全体の温室効果ガス排出量を森林や海洋などの吸収分を差し引いて実質ゼロにする必要があります。

しかし、日本はこれまで2030年度に2013年度比26%削減し、2050年までに80%削減という目標を掲げるのみに留まっており、海外からは「パリ協定の精神に反する」と大きな批判を受けていました。

政府は2050年までは温室効果ガス“0”を掲げましたが地球温暖化や海洋汚染、環境破壊する開発、私たちが暮らす地球は、たくさんの環境問題に直面しています。

環境問題の多くは、人為的な要因によって引き起こされているということを認識しなくてはなりません。現在、それぞれの環境問題に対して、私たち一人ひとりに何ができるのかを真剣に考える必要があるのです。

まずは、私たちの住む地域の環境を守るには、毎日排出されるゴミの的確な処理です。そして「ゴミのポイ捨て」をしないことです。「私一人ぐらい・・・小さいゴミだから・・・人が見ていないから・・・」では、温暖化は、防げません。自分たちが住む町の美化を守ることで、地球の温暖化の抑制に寄与することになるのです。

2020年12月28日 (月)

自分を戒めること

画像 015

自分を戒めるとは、自分を律することです。
自分を律するとは「自分の衝動や欲望を意志で抑えること」や「欲求などを自らの意志で抑えること」を意味します。言いかえれば、自分に勝つことで自分を克服することです。「己をコントロールする」です。

とかく人は、怠惰で、一人でいればサボる・・・甘えられる相手だと思えば甘える・・・他人を下にみて支配欲むきだしにしたりしがちです。

人の輪の中に人は生きていて、人の「和」をつくりだすことで居場所を見出だすものです。一人勝ちして君臨しても、孤高は孤独に過ぎません。

社会人として自分がどうあらねばならないか、自分のことだけを見つめて生きることは、人生のごくわずかな時期だけです。輪の中に居続けるためには、他人を笑顔にする役割を果たせなければいけません。

そもそも、自分の世話を自分でできなければ、そんなこともできません。 自分を律する、とは、社会における自分の小ささを認めたうえで、じゃあどう生きるかを考えることに他なりません。

2020年12月27日 (日)

生きていられることに感謝

画像 022
稲盛和夫さんの言葉・・・
私たちが生きていられることことは、自分を取り巻くあらゆるものに支えられて生きているのです。

そう考えれば、自然に感謝の心が出てくるはずです。不幸続きであったり、不健康であったりする場合は「感謝をしなさい」と言われても、無理かもしれません。それでも生きていることに対して感謝することが大切です。

感謝の心が生まれてくれば、自然と幸せが感じられるようになってきます。生かされていることに感謝し、幸せを感じる心によって、人生を豊かで潤いのあるものに変えていくことができるのです。


いたずらに不平不満を持って生きるのではなく、今あることに素直に感謝する。その感謝の心を「ありがとう」という言葉や笑顔で周囲の人たちに伝える。そのことが、自分だけでなく、周りの人たちの心も和ませ、幸せな気持ちにしてくれるのです。

先祖に感謝
そして、もう死んでしまったのですが今日、私がここにいられるのは、私の父親と母親のお陰なのです。産んで頂いて、その上育てていただいて、こうしてに出て歩ける今日がありますのは、すべてこの父と母がいるお陰なのです。

この父と母にはまたその父と母が、つまり私のお爺さんお婆さんが、いて、何代も何代も続いてきて、今私は生きていられるのです。

2020年12月26日 (土)

信頼して欲しけれが行動で示せ


画像 151
.
世の中には口が上手い人もいますが、言葉では軽く信用に足りません。例えば、自分ばかり話し、人の話を聞かない政治家が『人の道』を語っても、誰も、話を聞きません。
.
「信頼がほしければ行動で示せ」ニーチエの言葉があります。
人から信じてもらいたければ、言葉で自己を強調するのではなく、行動で示すしかないのです。 一度や二度は、言葉や真剣な眼差しによって信じてくれる人もいるでしょう。
.
しかし、行動しなければ、それ以降は信じてもらえません。結果も大事ですが、それ以上に、本気でトライしたのかどうかも大切になります。人に信じてもらってこそ、世界を広げられる人間になれるのです。
.
そして、言われたことだけやる、自分のことしか考えていないようでは信頼される人にはなれません。常に相手が望んでいること、期待していることを考えて行動する人、自分は相手のために何を提供できるかを考えて行動できる人は信頼されます。

2020年12月25日 (金)

宗教と哲学

画像 207

宗教は信じること、哲学は疑うことが大切

宗教⇒「信じる」ことが基本姿勢

哲学⇒「疑う」ことが基本姿勢

何でもいいので救いを求めたい、信じられるものが欲しい場合は、哲学よりむしろ宗教に頼る方が良いでしょう。どこまでも真実を追求し、成長し続けるには哲学を身に付けることが役立ちます。

宗教は精神安定やコミュニティの形成に役立ちます。
何も信じることができなければ、精神的に不安定なままです。それが正解との保証はどこにもありませんが、宗教は人生の様々な悩みに対し、「正解」を用意してくれています。

色々な宗教の考え方を身に付け、自分が納得する答えを身に付けている人は、何も持たない人より強いメンタルを持てるでしょう。また同じ世界観を共有している人たちで集まることで、コミュニティを形成できます。


一方、哲学は真実を探求することに役立ちます。信じることが重要(疑うことを罪とする)宗教と違い、探求に終わりはありませんので、つらい道ではあります。実際、過去には人生問題をどこまでも探求しても、一向に答えてくれない哲学に絶望し、自殺した人間も・・・。


哲学と折り合いをつけるために宗教があるのかも知れません。明確な「正解」は誰も与えてくれませんが、探求し続ける姿勢が科学の基本姿勢となり、先人たちの知恵を繋いで、今の文明社会が築かれました。「信じること」と「疑うこと」は正反対の動きですが、どちらも他方にとって欠かせないものなのです。

2020年12月24日 (木)

自らを見つめ直す

画像 020

「自らを見つめ直す」とは、良いことも悪いことも、すべて含めて自分自身を知るということです。
良いことについて振り返ることは容易なことですが、逆に悪いことについて振り返ることほど勇気のいることはないかと思います。
どうしても、自分自身にとって都合の良いように、物事を考えてしまいがちです。

自らに尺度を設け、その基準の中で善悪を決め、行動に移します。果たして、その基準は誰にとってのものであり、その基準は正しいのでしょうか。言うまでもなく、誰でも嫌な思いをした経験を思い出したくないのは当然のことです。

このことは、プライベートでもビジネスでも同じことが言えるのではないでしょうか。しかし、自分にとって都合の悪いことを振り返り、見つめ直すことこそが自分自身を成長させ、そして、はじめて他者に対して思いやりのある気持ちや接し方ができるのだと思います。

夜寝るとき、今日の一日の振り返みて、自分の行動や、他人に接し方を思い出して反省し、日記などに記してみることです。

簡単なようで非常に難しいことです。しかし、このことの実践により、自らの利点や欠点を知ることができ、自身の成長にも繋がり、同時に一日一日の生活が当たり前でないことに、気付くことができると思います。

2020年12月23日 (水)

行き先不透明な時代

画像 001
「行き先不透明な時代」
グローバルの流れに目を向けても、様々な国の政治の先行きが不透明であり、今までやってきたことやスタンダードだと思われてきたことが、ここにきて崩れていっているような気さえします。

さらに、新型コロナウイルスの流行や、地球温暖化に伴う気候変動や異常気象、台風や自身といった災害など、予測が困難な事象が次々と起こっています。

また、日本や先進国では、少子高齢化が深刻な問題として取り上げられています。働き方においても、従来の日本の企業では当たり前だった終身雇用や年功序列といった制度もなくなり、人材の流動性も高まっています。これらの事象が今後、世界や日本社会、個人にどう影響を及ぼしていくか、すべてを見通すことは難しいでしょう。

世を救う政治家の力に期待
政治には政治家個人から滲(にじ)み出る哲学、思想、政策、構想が不可欠だと信じています。それがない政治は、堤防のない河川のように氾濫が常態化し、収拾がつかない。別の言い方をすれば、政治には現実と対照できる目標、構想が常に必要なのです。

2020年12月22日 (火)

言行一致の大切さ

画像 235

私たちは、いま先行きの見えない「不安な時代」に生きています。
このような不安に覆われた閉塞的状況になったのは、多くの人が、従来の経済的、物質的な価値観に捉われすぎていて、生きることの本当の意味や価値に気付いていないからではないかと思います。

生きていくうえで大切なことは、「信頼し合い・信じ合う」ことです。人が信じるのは「何を言うか」より「何をするか」です。言っていることと、実際にやっていることが違う人は、信用がおけず、一緒にいたいとは思えません。

言行一致の大切さ
自分がそうなってしまわないように、発言には責任を持つことです。人間関係において、相手に信頼してもらいたいのなら、何よりも、言動を一致させることが大切です。
なぜなら、言っていることと、行動が異なる場合は、ウソを言っているのと同じことであり、あっと言う間に信頼を失くしてしまうからです。

自分がそうなってしまわないように、発言には責任を持つことです。
人間関係において、相手に信頼してもらいたいのなら、何よりも、言動を一致させることが大切です。なぜなら、言っていることと、行動が異なる場合は、ウソを言っているのと同じことであり、あっと言う間に信頼を失くしてしまうからです。

2020年12月21日 (月)

冬至の日

画像 稲取(東海ホテル)部屋の露天風呂

今日は「冬至」です。
冬至は太陽が一年で一番日本を照らす時間が短い日です。2020年東京の冬至の日照時間は9時間45分です。ちなみに「夏至」の日照時間は東京では14時間30分です。
.
冬至日や 柚子の匂いの 風呂の湯気 
.
むかしから、日照時間が短く、太陽からの恵みを受ける時間が短いことから、「死に一番近い日」と言われていました。その厄払いの意味を込めて、体を温め、無病息災を祈るという習慣がありました。
.
そして、「冬至がゆ」と呼ばれる小豆のおかゆやかぼちゃを食べて、ゆず湯に入ります。そうすると、風邪をひかないと言われています。かぼちゃは、緑黄野菜で、栄養価が高く、脳卒中を予防するということです。
.
ゆず湯は血液の流れをよくして、冷え性や神経痛、腰痛などに効きます。その香りに邪気を払う力があると言われています。

2020年12月20日 (日)

思い通りにならない人生

DSCN0400[1]

人には愛するもの、かけがいのないものが必ずあります。
その大切なものが、自分の思いどおりにいつまでも存在して欲しいと願います。しかし、すべてのものは必ず移り変わります。どんなに想いを込めても、自分の思いどおりになりません。だから苦しむのです。


「苦」とは、「思いどうりにならないこと」です。
まだまだ収まらないコロナは、いつになったら収まるのでしょうか、今までと同じ行動をしていても、よりストレスを感じることが多く、しんどいなぁーと思います。

でもよく考えたら、「思い通りにならないこと」って、大きなことから小さなことまで、どうしても避けられないことから自分のわがまままで、ありとあらゆることにあると気づきました。

ずっと若くて元気なままでいたいのに、最近、だんだんと細かいものが見えにくくなり、散歩していても、体力の劣化を感じます。そして痴呆症の前ぶれ・・???忘れたりしてしまうことが多くなりました。

でも私は「何をやってもうまくいかない」は口にしないようにいたいと思っています。「なにをやってもうまくいかない」は「夢も希望もない」と同じです。努力したのにと大したことをしてもいないのに・・・明日に何の期待もしない言葉であり、何を伝える意味がどこにあるのでしょうか。

2020年12月19日 (土)

老人はどう生きればいい

画像 218

「人生100年時代」

健康、お金、生きがいのほかに、孤独を感じないためにも、周りの人との人間関係も大切にしていくことが大切と思います。

「健康」「お金」「家族」の不安を少なくするには、どうしたらいいのだろう?
「寝たきりにならない体をつくる」「老後の収支を考えて、不足時に備える策を・・・」が必要だと、急かされるような気分になります。なるほどと思うことがある一方で、今からじゃ間に合わないと不安を駆り立てられもします。

「今」を一生懸命に生きる・・・『心の平穏があってこその「健康」』です。
明日の予防より、今の元気な生活を!明日のことより今日の一日。あるかないかわからない、そんな不確かな将来より、今この瞬間をご機嫌で過ごすことのほうが大切だと思います。


今の自分はかつての自分ではない・・・『変わりゆく自分らしさ』を受け入れよう・・・ 明日のことを煩うより、今このときを楽しもう、今、生きていることの幸せをかみしめようと思う。

『「今」を一生懸命に生きる。』には、やるべきたくさんの課題に、瞬間、瞬間に対処していれば、先々のことなどを考えている暇はない。。。楽しいことを考えていると気持ちに張りができ、なんだか 元気になってきます。

2020年12月18日 (金)

言行一致が信頼性を高める


画像 229

言っていることと、態度振る舞いが一致しないとき、人は、どちらを信じると思いますか?
.
「言行一致」
人間の信用信頼は言行一致があってこそ成り立つのです。『「言うは易し、行うは己との戦い」誰が邪魔するわけでもない、自分が自分自身を止めさせる』現実化するかしないかは、その本人が持つ心の継続力です。
.
人間誰しも心が弱くなり、迷いやあきらめが生まれます。その時、その心を強くしてくれるのも自分の心でもあるのです。
.
心自体を強くするしないは心一つです。自分の心が自分の心をつかみ、間違った方向へ進まないように、管理しなければなりません。形のない心が有形無形の過去を創り、有形無形の未来も創る・・・最もつかみ難い心が自分の人生を創っているのです。
.
普段、自分自身の心と対話をしなければ、もう一人の自分が勝手気ままに動きます。言行一致しない理由は他ではなく、自分自身の心に問題があるのです。
.
言行一致は、言葉と行動を一致させることです。それが、自分に対しても、他者に対しても、信頼を生む唯一の方法です。言葉と行動が一致している人には、一貫性が生まれ、そこに信頼が生まれます。
.
自分との約束を守る人は、自己信頼、つまり自信が育まれ、他者との約束を守る人は、他者からの信頼を得られます。本当に基本的なことですが、多くの人は、自分との約束を守ることができません。
.
自分でやると決めたことを続ける・・・自分でやると決めたことは、ブラさず、やり続けること・・・これが唯一、自分に自信を持つ方法だと思います。

2020年12月17日 (木)

人生は色々

画像 231

人生は本当に色々です。。。
そして突然の出会いなどでガラッと方向が変わってしまうこともあります。
でも何をするにしても、今自分がやろうとしていること、または、今やっていることが心地よく、これからも情熱を持っていけるか?と言う所が大事じゃないでしょうか?

つまり、やっている事に苦痛がなく、思わず時間を忘れて夢中になってしまう、これまでの経験や子供の頃を思い出してみれば一つや二つ何方でも思い当たるんじゃないでしょうか?それがいったい何なのか?そこがポイントです。

若ければ若いほど、目先の事に気を捕らわれ、今過ごしている人生はたった一度きりという事を忘れてしまったりします。そう、私たちは必ずいつか死にます。この世から物質的な存在が消えてなくなってしまうんです。どんなにお金を掛けて健康に気をつけてもいつか必ず死ぬのです。

これは絶対に避けられない事実です。そしてそれがいつかは誰にも分かりませんし遅かれ早かれいつか必ず来ます。今している事が何であろうと、どんな人であろうと運命は平等にやってきます。今こうして過ごしている間にも刻々と私達の残された時間は短くなっています。

そして年を重ねるごとにその時間の速さを実感しているのは、私だけじゃないでしょう。又最後の日、死が突然やってくる事もあります。何をやっていたとしても死ねばそこで現世の活動は終了です。

2020年12月16日 (水)

人生は戦いの連続


odaiba-97[1]

東京都内の新た な「新型コロナウイルス」の感染者数も高止まりしており、依然として予断を許さない状況です。
GoToトラベルキャンペーンの全国一時停止が決定しましたが、ちょっと遅きに失した感があります。終息する日は、いつになるのでしょうか。

今のこの状況が当たり前の日常になり、これまでの何もなかった平穏な生活が、非日常になる可能性もあるという覚悟を持って、この先生活をしなければいけないかも知れない・・・本当にこれからどうなってしまうのでしょうか。

「人生は戦いの連続」
生きていればいろんなことがあります。辛いこと、悲しい事、何もかもが嫌になってしまう事だってあります。人は、毎日様々な事と戦っています。

仕事、学校、勉強、恋、家事・育児、健康、介護etc。そして、気がつけば「人生の迷子」になっている。どんなに苦しい人生でも、生きる目的を見失ってしまった時でも、だからこそ、戦い続けなければいけない・・・そしてその道を歩けるのは、自分一人だけ・・・どんな事があってもその道の主役は、自分だけで・・・忘れないことです。

戦いは、必ず終わりが来る
探し求めた「幸せ」に絶対辿り着ける日が訪れます。人生いい事も、悪い事もすべては自分に必要な出来事だと思って、戦い続けることです。ひとつ乗り越えるたびに、自分を知り、「幸せとは何か」を知る事ができると思います。「人生と言う名の戦い」に果敢に立ち向かう勇気を持って歩んで行くことです。

2020年12月15日 (火)

人生の総仕上げ

画像 409

加齢による衰えは自然の摂理

もちろん、年とともに、体力も衰えていくでしょう。足腰も弱くなり、歩くのも大変な方も増えていくでしょう。それは、自然の摂理です。恥じることではありませんし、無理をする必要もありません。ただ、どうなろうとも、自分を見失わないことです。

人生の総仕上げとは
それぞれが、幸福の実証を示していく時であるということです。“私は最高に幸せだ。こんなに楽しい、すばらしい人生はない”と、胸を張って言える日々を送っていくことです。


心の財を積む
本当の幸福は、時代の激変にも、時の流れにも左右されることない、「心の財」を積んでいくなかにこそあるのです。欲望に振り回されることのない、少欲知足の心豊かな境涯が確立されてこそ、至る境地といえる。つまり、「心の財」のなかにこそあるのです。

2020年12月14日 (月)

思いやりのある言葉かけ

o0775051911803316489[1]

何気ない一言が、相手の心を癒したり、励ましたり、勇気付けたりすることがあります。

 
新型コロナウイルスの流行により、疲れやストレスが溜まっている今だからこそ、相手の心を”ほっと”あたたかくする「あったかい言葉」が大切です。そして「さわやかな言葉がけ」を・・・

さ・・・さわやかな笑顔のあいさつ

わ・・・わかりやすく丁寧な言葉遣い
や・・・さしい心、素早い対応
か・・・かんじが良く清潔な身だしなみ

あいさつはコミュニケーションの第一歩です。あなたが笑顔であいさつさ れた時、温かな気持ちになりませんか? さわやかな笑顔のあいさつは、相 手の気持ちを心地よくさせます。 仲間意識が生まれ、お互いに元気になれます。

『私・・・がんばっている。きょうも・・・ん・・・がんばろう』

2020年12月13日 (日)

他を生かして生きられる

DSC071201[1]
「自他一如」
他を生かさずして自己は生きていけない。自分のためにという生き方が、そのままに他のためにということでなければ自己は生きられません。これは自然の大道であり大原則です。

誰しれ
もがこの世に必要だから生まれてきた、そしてお互いを必要とするから生きていけるのです。しかし最近は、人と人との絆が弱くなったようです。

現代人はプライド、プライバシーの権利、プライベートな問題などと、ことさらに自己主張するけれど、自分が生きるためには他が必要です。他というのは一つや二つでなく、さまざまというべきか、すべてというべきか、人のみならず、万物の存在に支えられて自己が成りたっています。

自他にこだわらな生き方

自他にこだわらない生き方とは、うばいとり、つかみとる手を、与えようささげようの手に変えていこうと心がけ、行動することで、そうすれば「自他一如」の世界で生きられるのです。

良寛さんの言葉「私は他の人を知らない、他の人も私を知らない、知らずとも自然の大道に従って生きて行く」・・・無心に生きられれば、それほど楽しい生き方はないでしょう。

2020年12月12日 (土)

いつもと違う年の暮れ


三浦三崎港3
.
12月の声を聞くと、仕事に追われていない人でも気ぜわしさを感じるものですが、今年の暮れはいつもと違う暮れになっています。
.
2月ごろから新型コロナウイルス発生、拡大に気を配りながら今日まできましたが、振り返ってみると、医学専門家の予測どおりに流行が推移してきたと考えています。政治が介入することによって、本質に雑念が入り、結果的には解決が長引き、トータル的には経済損失が最大になるとの予測の中、そのとおりであったと思っています。
.
「新型コロナウイルスは全世界関係なく流行している。冬春の都市もあれば、熱帯、亜熱帯の都市も同時流行している。春夏秋冬関係なく年間を通して流行する」との考え方がやはり正解でありました。人の移動と共にウイルスが増殖し、190か国を2か月で流行下に置くなど伝染力が証明されました。
.
人命優先?・・・経済優先?・・・
「今すぐ人命優先(医療優先)の施策に切り替えないととんでもないことになる」との医学的見解を無視しているとも思えるGoToキャンペーン。来年6月までの続行宣言・・・で、我が国の新型コロナ対策を振り返るとき、裏目を心配する声が大きくなるのは当然だと思います。立ち止まり、振り返って、この先に対する入念な判断を国に求めたいものです。

2020年12月11日 (金)

環境保護の大切さ

ka_072[1]

環境の保全は、私たちの身近な環境保全から始まるものと思います。通勤・通学の途上に、タバコの吸殻・ゴミのポイ捨てが多い・・・
町が汚れることで不快な気持ちになり、多くの人に迷惑をかけているのです。

地球環境が気象変動 に大きく影響していることは、誰もが知っていることではありますが、多くの人が日常生活における 環境保全活動には必ずしも積極的であるとは思われません。通勤・通学の途上に、タバコの吸殻・ゴミのポイ捨てが多いと、思っている人は私だけではないと思います。

環境の保全に関する更なる啓蒙活動 が望まれます。
もったいない精神や、ゴミをなるべく出さないなどの初歩的な事を小学校から教えることが大切だと思います。そして住みやすい環境を守っていきたいと思います。

環境を保全することは、将来にわたって私たちの生活を守ることにつながります。そのために必要な ことは、第一に教育と思います。そして、今後の環境学習にとって最も大切なことは、幼児期や小学 生のころから環境教育を充実させることだと思うのです。

環境問題について、個々人の認識の甘さが、現在の地球環境の悪化につながっていると思い ます。私一人ぐらい・・・誰かがやってくれる・・・他人任せの人が 多すぎます。 余りにも無関心なような気がします。一人ひとりが声を上げるときではないで しょうか。

2020年12月10日 (木)

人生に定年はない

画像 030
道元
禅師からの言葉にこんな素敵な言葉があります。
「人生に定年はない」
「人生に定年はありません。老後も、余生もないのです。死を迎えるその一瞬までは、人生の現役です。人生の現役とは、自らの人生を、悔いなく生ききる人のことです。」

「まさに、悔いなく生ききりたいものです!」
今、次の瞬間死ぬかどうか分からないいのちを私たちは生きているのです。ですからいつでも臨終となりうるのです。そのようないつ終わらんとも限らない臨終のいのちを、私は最期の最期まで満足して生きることができるのか。。。

私を生きる…生きがい
そこでは「生きがい」というのは何かをすることではなく、私を生きることが「生きがい」になるかという問題なのです。なぜなら臨終はもう何もできないからです。そこから何かをして良くなろうということはもうできないのが臨終です。

私たちは、ああなれば、こうなれば、あの人みたにと言いながら、現在の、自分の「生きがい」を見失っていくのです。ああなれば、こうなればというのは必ず未来です。

満足するかもしれない未来に向かって、一生懸命現在の時を消費しているのです。そこに人生を生きる空しさがあるのではないでしょうか。どんな生き方であろうとも、どんな状態でも「私でよかった」と言えないというのは悲しいことです。

老病死に代表されるように、生きることの困難さは様々にあります。しかし、その事実を通して私たちが生まれたこと、私があること、私であることに悔いや苦しさを感じていくとするならば、どこまでも空しく過ぎていくしかないでしょう。

それに対し、その私の生を受け止める・・・私が私として生まれたということを受け止める・・・「煩悩や誤った認識ではなく、正しく私を認識するということが、大事なことです。

2020年12月 9日 (水)

平凡に生きることの大切さ

画像 314
私の毎日は、ほとんど平凡に過ぎています。
毎日飲み続けなければいけない薬を飲み、運動不足に気をつけて毎日7000歩を目標に、新型コロナウイルスに気をつけて、マスクを付けて歩いています。いつになったら、安心できる来るのだろうかと憂いながら・・・

いつもと同じように朝が来て、いつもと同じように日が暮れます。喜びもあれば、悲しみも憂いもまたあります。社会に対して、環境美化に気を使い(ゴミ拾いをする)ぐらいで、これ以上たいした貢献を行うことも、出来そうもないです。

しかしだからといって、私の人生に意味がないということではありません。・・・平凡であるということの中にどれほど、豊かなものが含まれているのか・・・今生きているというそのことの中に、すでに大きな意味があると思います。


たったひとつだけ必要なものがあるとすれば、それは他の人と、つながっているということでしょう。人間関係が豊かに結ばれていること・・・そのことさえあれば大丈夫。。。

あとは日々の生活の中に立ち現れてくる出来ごと、私の前に現れる人との間に起こることを味わうだけです。そしてもし私たちが平凡と思われる生活から、切り離されてしまったとしても(たとえば病を得るというようなこと)、そこにもまた平凡は隠されているはずなのです。

一日一日を味わいながら過ごすこと、そのことが今の私にはうれしいことです。そして過ぎていく平凡な一日一日が、私にとっては、かけがえのないものです。

2020年12月 8日 (火)

怒ったら負け

o0775051911803316489[1]
.
年を取ると、頑固になったり怒りっぽくなったりすると言われますが、怒りの感情を自分でコントロールするのは、難しいものです。
.
ついカッとなって口走ってしまって心ない言葉が相手を傷付けてしまい、時間が経って自分の心が 落ち着いた頃に、ひどく後悔してしまう・・・「怒ったら負け」です。
.
怒りを言動として表に出してしまったことを、後で後悔し、「言わなければ良かった、しなければ良かった」「そんなつもりで言ったんじゃないのに・・・」などといったように、良好な、家族関係、近所の人、友人関係など、自分とかかわりのある人間関係が、険悪な雰囲気になってしまったということも・・・
.
このようにマイナスの結果を引き起こすことが多い「怒り」という感情ですが、この怒りに正しく対処することで、健全な人間関係を作り上げる知識や技術が、アンガーマネジメントと言われます。

.
アンガーマネジメントとは?
人間が抱える混沌とした怒りや悲しみ、劣等感などを自分の中で整理し、その状況を客観的に見ることで、怒りなどの強い気持ちが生じても、それを適切にコントロールし、問題解決を図るというスキルのことを言います。

2020年12月 7日 (月)

世の中に正解はない

katidoki-24[1]

世の中は、何が正しいのか、何が正しくないか、分からないことが多いものです。昨日正しかったことは、明日には正しくないとされる可能性もあります。

「自分はそれを好きかどうか」「やりたいかどうか」を基準に、シンプルに物事を考えてみることです。それが、自分を楽にする何よりの方法だと思います。

国家、思想、宗教、年代、企業、立場などによって、正しいの基準は違います。 それでは、何を正しいと思えばいいのか?別に正しさなんてそんなに重要ではないのです。  正義をかかげれば人は戦争もします、テロ行為も、虐殺も、差別もします。

中にはいじめ、犯罪だって「俺は間違ってない、俺が正しいんだ。」と、する人間もいます。 だから、人は本能的には正しさをそんなに追い求めない、社会的に正しくない人やものが好きだったりするのです。

それは人間の本能からくるものであり、本質的な倫理観だからであり、温かみのある人を見ていいなと思います。 自分もこうあるべきだなと感じ方でいいと思う、そういう感受性は人それぞれです。人間の行動原理はそれでいいと思います。

正しいとか、正しくないに沿うと虚無感にとらわれます。何かに与えられた倫理観だからです。 好き嫌いは選べます、それは与えられるというより、選ぶもの…見つけるもの…こうありたいというのは、いくらでも自分自身の力で変えられます。

2020年12月 6日 (日)

超高齢となっての生き方

800px-七国古道[1]

超高齢となっても迷う人生・・・

即天去私(そくてんきょし)
《天に則 (のっと) り私を去るの意》夏目漱石
が晩年に文学・人生の理想とした境地。自我の超克を自然の道理に従って生きることに求めようとしたもの。漱石自身の造語。

「利己心を捨て去り、自然の道理に従って生きること」を意味します。利己心を完全に捨て去ることはできませんが、利己心を抑えることはできるはずです。

「貪ぼれば憂いが増え、分かち合えば幸せ増える」
「少欲知足」 自分が十分に足りている事を知り、むやみに求めないことです。欲望とは際限なく湧いてくるものです。この気持ちに素直にしたがって行けば得られない事への苦しみ、失う事への恐怖、怒りによる奪い合いになりす。

自分自身を苦しめる事ばかりになります。
相田みつをさんの詩に「奪い合えば足らぬ 分け合えばあまる」という言葉があるように、奪い合い憎しみ合うよりも、分け合い互いに感謝の心を持った生き方の方が、幸せな生き方です。

2020年12月 5日 (土)

奉仕の精神

odaiba-97[1]

人間は、社会生活を営む動物です。人と関わることではじめて生活を営むことができます。人の役に立つということで、広い意味で社会の役に立つことです。

社会の役に立つこととは、単に 奉仕をするだけでなく、社会に参画して社会の一員として貢献し必要とされるということで、誰でも何らかの職業に就きます。この職業とは、自分ではできないことを、代わり に誰かにやってもらうことで、社会生活を分担していくことです。

その対価として報酬をもらい、そ の報酬によって生活を営むことになるのです。その報酬の中か ら税金という、形で国に納めることで社会が円滑に進むような、インフラなどの公共性の高い事業が提 供されるのです。

社会の役に立つということは、この人間の社会で生活するうえで、とても重要なこと で、奉仕の精神を持っていることがとても大切になります。

奉仕の精神とは、とにかく 無理をしてボランティアをするといった意味合いのものではなく、人に役に立ち、社会の役に立 ちたいと思う心です。

人の役に立ちたいと思い、社会の役に立つために働くことで、仕事に対する重みも変わってきます。そ うなると、その仕事は自分のやりたいことから、自分のやらなければならないことになり、やがて使 命となります。

ここに、やりがいや誇りを持ち、人生が充実していき大きな幸福感につながるのです。 それは、これをすれば儲けられるとかということから始まるのではなく、これをすれば他の人々に喜 んでもらえるといった、奉仕の精神から生まれるものなのです。

2020年12月 4日 (金)

素直な心と謙虚な姿勢


ka_072[1]

素直な心とは、自分自身の至らなさを認め反省でき、そこから努力するという謙虚な姿勢のことです。我の強い人は、自分の立ち位置や役割を忘れ主張したり、人の意見を聞かず、たとえ聞いても反発することがあります。

謙虚な姿勢を持つ人は、素直な心をもって人の意見をよく聞き、常に反省し、自分自身を見つめることのできる人です。そうした素直な心でいると、その人の周囲にはやはり同じような心根をもった人が集まってきて、物事がうまく進んでいきます。

世の中が豊かになるにつれて、自己中心的な価値観を持ち、自己主張の強い人が増えてきたと言われます。しかし、この考え方ではエゴとエゴの争いが生じ、「いい社会」になれません。

「自分はできる」「自分が正しい」「非はない」と傲慢になると、周囲の人たちの協力が得られないばかりか離れていき、自分自身の成長の妨げにもなります。

地域社会では、融和と常にみんながいるから自分が存在できるという認識と、素直な心で謙虚な姿勢を持ち続けることが大切です。そして「ありがたい」と想う素直な心が大切です。

2020年12月 3日 (木)

損して得とれ


画像 020
.
「損して得とれ」とは、今は損すると思うかもしれないが、先を見据えてじっと我慢して耐え努力することで、それがやがて自分の利益に結び付くという意味です。
.
人は誰しも損得で物事を考えてしまいます。自分がその時損をすると思っても相手に対し、誠意をもって物事に取り組むことで、人に喜ばれたり人助けになれば、それは功徳を積むことになります。

損をしたと感じるのは、人の価値観によって異なりますが、物事に対する自分の姿勢が一番重要です。人に認められる為には、自分が常に謙虚な心を持ち、努力を重ねていくことです。

徳を重ねると、「あなただから任せたい」と思ってもらえるようになります。徳を重ねると、きっと豊かな人生が歩めるはずです。頼まれ事やボランティアなどは、自分の時間や体力、金銭的なことを優先して考えてしまいます。しかし、何事も信頼が大切ですので、得より徳を優先しようと思います。

世の中には、損得を考えずに周囲に尽くす人がいます。その人には損得勘定抜きで支えてくれる人が集まっています。そう人を見習って、人に尽くしていきたいものです。

誠実かつ一生懸命に仕事をしていれば、信頼は高まり、世の中の役に立つことができるはずです。また、損得を考えずに周囲に尽くせば、損得勘定抜きで支えてくれる人が集まることでしょう。

2020年12月 2日 (水)

祈るしか出来ないこと

画像 205

誰でも人生において、誘惑に遭ったことはあると思います。

私は、その結果に我に返り、ショックを受け後悔し反省を繰り返すことが多いので、この年になってまだまだ、人間としての生き方が出来ていなかったと、思うことがあります。

人生行路に最も気をつけなければいけない三つこと。
「異性関係」「金銭欲」「権力欲」です。この三つの失敗は決して赦されないことです。

人間誰しも、誘惑に負けそうになるのですが、有名人の薬物問題、不倫問題なんて見ていると誘惑に陥り、すべてが破滅に向かっていくなんてことを、よく見聞きするわけですが、それは決して他人ごとではありません。

分かっているんだけれど、止められない状態があるのです。
そんなときに思う。誘惑に打ち勝つことは容易ではないことです。むしろ誘惑に打ち勝つことができると思っているんだとしたら、その時はまだその問題の深みに気付いていない状態だと思うのです。

誘惑に打ち勝つのは、自分では無理なのだと理解することから始まります。そして自分が誘惑される状況に身を置かないこと。逃げることが大切です。

でもそのようにはできないのが人間です。
まさに旧約聖書のエデンの園のエバは象徴しています。その手に取った果実に魅惑され、決して食べてはいけないと言われた、その神の言葉を自分流に解釈し直してしまうのです。

ですから私たちは、まさにイエス・キリストが言われたように「天の神様に誘惑に遭わせないように、悪より救い出してください」と祈るしかないのだと感じます。

2020年12月 1日 (火)

川浸りの日

img_1_m[1]
「12月1日」になって思う「川浸り」の日
辞書では・・・
陰暦12月1日に行う水神祭。川の水に尻を浸し、また、餅 (もち) をついて水神に供え、水難よけと豊漁を祈る。川浸りの朔日 (ついたち) 。

私の子供の頃の記憶
昭和17.8年頃の子供のころは、私は5・6歳でした。12月1日は、朝、母親が作ってくれた、牡丹餅を食べ、子供たちで、すぐ近くの兵衛川に、尻を浸けに行きました。「風邪をひかないで寒い冬を過ごすことが出来る」教えられました。

温暖化
今現在は、兵衛川・湯殿川は氷は張りませんが、その頃は、氷が張り、乗って遊んだのです。川岸に、氷が薄くなっている所があって、氷が割れて腰下がずぶ濡れになり、母親に叱られた記憶が鮮明に残っていて、温暖化が、進んでいることを実感しています。

自然が豊かで川にいた魚の種類が多かった
そのころの川には、今では見られないいろいろな魚がいました。ウナギ・ナマズ・ハヤ・ギバチ・八目ウナギ・ドジョウなどなどです。
・・・12月1日は懐かしく思いだします。

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »