« 老いるということ | トップページ | 今を生きる »

2020年11月26日 (木)

向上心を持つこと

10kanmonkyo1[1]

「向上心」とは、今の状態に満足せず、よりすぐれたもの・・・より高いものをめざして努力する心のことです。

なにか高い目標に向かって努力をしている人や、自分の能力、性質をを今よりもっと成長させたいと感じている人であれば、向上心が高い人だと言えるでしょう。

生き方が、前向きになり変化が生まれます。向上心があるかないかは、ものごとをそのまま維持することを選ぶのか、はたまた変化し続けることを選ぶのかの違いです。

世の中を向上心を持ってチャレンジ精神が大切
新しい問題にチャレンジしなければ、その時点で向上心が失われてしまって、成長が止まってしまいます。一定年齢以上になっても向上意識が高い人材は、能力向上の速度は異なるものの優秀な人材として、実力を身につけられます。

また、人の性格や予め備わっている能力にも異なりがあるため、新しい仕事にチャレンジしてみても最初は上手くいかない人もいます。

ここで挫折してしまうのではなく、諦めないで継続的に実施していけば、最初は苦戦しても徐々に慣れていき、その仕事に大きな力を発揮できるようになります。成功に導くために一番大切なのは、諦めないことなのです。

« 老いるということ | トップページ | 今を生きる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 老いるということ | トップページ | 今を生きる »