« 地球温暖化について | トップページ | 向上心を持つこと »

2020年11月25日 (水)

老いるということ


17715687[1]

年齢を重ね、体が不自由になることは生物の自然の法則です。

それを嫌がったり、辛いと思ってはいけない。あるがままを受け入れ、今できることを考えることです。

あるがままの今の自分を受け入る
また、世間一般とか、他人と比べた自分ではなく、あるがままの今の自分を受け入れる。自分や誰かが作ったしがらみに縛られていると自己を見失い、心が寂しくなってしまいます。

自分の人生は自己責任ですので、自分基準をしっかり持ち、同じように他人も認めていくことです。自他共にあるがままを受け入れられると身体の力も抜けて、心身共に軽くなり、過度なストレスを感じなくなると思います。


思い通りにならないことには意味がある
一人で抱えきれなかったら、誰かに助けてもらえばいいのです。不安を感じやすい方は、そのように思えると良いですし、その経験を重ねると心に余裕が生まれます。

人との関係で、自分とは違うやり方や考え方にイライラしてしまう時は、自分の幅を広げるチャンスと思いましょう。相手を変えようなんておこがましい。自分の考え方を変えることです。
.
「こういうやり方や捉え方、表現があるんだな」と相手の事が受け入れられる様になると、共感の心が芽生え、イライラしなくなると思います。

« 地球温暖化について | トップページ | 向上心を持つこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地球温暖化について | トップページ | 向上心を持つこと »