« 晩秋に想う | トップページ | 人生の旅路の果て »

2020年11月 2日 (月)

郷土愛について

29176231[1]
自分が生まれて育った「歴史ある地域」を大切にする(郷土への愛)ことで、私たちは、幸せになれるのです。地域が与えてくれる恵みがあるから、人は生かされるのです。

こだわりを捨て…執着心を捨て…過去からの因縁、因習、わだかまりに囚われずに、澄み切った心で、現実を直視し・・・いま何が正しくて、何が、必要なのか、それを見極める心が欲しいです。それが今住んでいる地域を大事にする郷土愛です。

その地域に住む者には、長い歴史と伝統があります。文化があります。生活があります。生まれ、育ち、生活をし、そして、子供を産み育て死んでいく・・・郷土(地域)には、人生の軌跡があります。自分が生きてきた証があります。

昔は、どこにでも、世話役がいました。店子と言えば子も同然と大家が何くれとなく世話を焼いてくれたものです。今は人情がなくなったのです。それは、土地に対する愛着がなくなったからであると思います。

地域社会で人々が、助け合うこと・・・その互助の精神こそ民主主義の原点であると思います。利害を調整することばかりが能ではありません。助け合うことこそ最も大切なことなどです。

« 晩秋に想う | トップページ | 人生の旅路の果て »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 晩秋に想う | トップページ | 人生の旅路の果て »