« 地域の環境美化について | トップページ | 世のため人のために尽くす »

2020年10月13日 (火)

家の周りの共有スペースの清掃のこと

8913e826[1]

近、まちのゴミ拾いをして思うことは、家の周りの、道路などの共有スペースにゴミが落ちていても、私の家のゴミではない?…片付けない人がいます。
.
自分の家の周りの掃除
自分の家の公有スペースの掃除は、昔は自分で行うのは当たり前でした。幼い頃から、親・学校と地域のみんなで手を取り合って行うこと、と自然と身についていました。自分たちで使う場所は自分たちで責任を持って綺麗にするという概念が、知らず知らずに植えつけられていました。
.
"使う場所は来た時よりも綺麗に" という概念の元、日本ではゴミ箱があちこちに設置されていなくとも、街を、共有スペースを、綺麗にし続けることが、個々人に道徳心として身についたのです。
.
「誰かがやるだろう…ではなく、街を、共有スペースを…自分たちで綺麗にする」という考え方
大の大人に向かって強要するのは、難しい問題です。「使う場所は来た時よりも綺麗に」 という概念のもと、日本ではゴミ箱があちこちに設置されていなくとも、街を、共有スペースを、綺麗にし続けることが個々人に道徳心として身についてきます。
.
学校教育の過程において
「清潔習慣や公共心の育成」勤労体験など、さまざまな教育的効果も期待され、班を作って 「担当を分担し、実践する」 という清掃活動を通して、集団の一員としての自覚を深め、責任感を形成することです。

« 地域の環境美化について | トップページ | 世のため人のために尽くす »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地域の環境美化について | トップページ | 世のため人のために尽くす »