« 一日一日を大切に生きる | トップページ | 苦しみがあるから楽しみがある »

2020年10月 3日 (土)

10月になって・・・

c7fb7ebcb2dfe62ea9de87877eea154e[1]
ついこの間まで、最高気温が30度を超える夏日が続いていましたが、10月に入り、朝夕の冷え込みを、感じるようになってきました。一年の中で最も過ごしやすいといわれている「秋」です。

ぐっと気温の下がる秋、なぜか心にひんやりとしたすきま風が吹いて、理由もなく虚しい気持ちになったり、寂しくなったりすることってあります。

10月は秋凉爽快
しゅうりょうそうかい)
木々の葉が黄ばみを増し、金木犀の香るころになると、朝夕は肌寒さを感じるようになる。秋風は爽快であるけれど、もの悲しさや寂しさをさそうようです。

秋風が吹いて寂しさを感じることを、秋風索漠(
しゅうふうさくばく)といいますが、勢いがおとろえて、おちぶれていくさまのことで、老い込むというのは、そういうことではないでしょうか。

なぜ老いは寂しいのか
それはやがて死がおとずれる前ぶれだと思うからでしょう。そして死は恐ろしいと感じます、なぜ恐ろしいのでしょうか・・・それは未知のことだからです。また死を恐れるのは、この世に未練があるからでしょう。もっと楽しく・もっと面白く生きたい、そういう思いがあるからです。

« 一日一日を大切に生きる | トップページ | 苦しみがあるから楽しみがある »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一日一日を大切に生きる | トップページ | 苦しみがあるから楽しみがある »