« 新型コロナ・ウイルスの問題 | トップページ | 負けて勝こと »

2020年8月 8日 (土)

人としての使命を考える


odaiba-97[1]
人は誰でも、使命を持って生まれてきていると思います。
ですから、人生においてその人の立場、役割の果たす意味を知って、行動することが重要です。
「立場は人を作る」「人を変える」「人に教える」ことによってその人の思考、態度、行動に大きな影響を及ぼし、その人に果たすべき役割を与えます。
.
役割はその人に割り当てられた任務です。人は立場に相応しい役割を果たさなければ評価されません。立場を得るために一生懸命に、苦労・努力することは、人間力のある人を作りあげます。
.
人は得られた立場を謙虚に受けとめて、よい目的に用いることで、周囲に喜び幸せをもたらします。一方で人は周囲の意見を聞かず独善的に権力を乱用する、また公私混同したり、世の中の流れを的確に読めず、無謀な言動をするなど立場の悪用は、周囲に迷惑、悲惨な状況をもたらします。
.
人は立場での仕事、行動によって周囲から評価されることを認識します。特に政治家、実業家で一時期に活躍した人達が、時代の流れについていけなければ、それまでの人生で、高い評価を得てきたにも関わらず、それまでの評価を覆すような振る舞いをすれば、今までの名誉失うことになってしまいます。
.
歴史は繰り返すと言われます。それは生じた事実の現象が、表面的に似ているということで、本質的にはそれぞれの時代の背景に、影響され異なっていることを理解しないと、誤った判断につながります。
.
老舗の店のなかで生き延びている店は、古いしきたりに固執せずに、時代に即応した活動方針を立てて経営する。それが伝統ある老舗として、高い評価を得られるのです。

« 新型コロナ・ウイルスの問題 | トップページ | 負けて勝こと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナ・ウイルスの問題 | トップページ | 負けて勝こと »