« 共に生きること | トップページ | お年寄りはどう生きればいい »

2020年7月10日 (金)

心の拠り所

「ささえてくれるもの、頼みとするところ」を意味します。
毎日の生活のなかで、ときには悩んだり疲れてひと休みしたくなることもあって当然です。でも、誰かに心の内すべてを話して相談するというのは年齢が上がるごとに難しくなるものです。折れそうな心を支えてほしい、そんなときに大きな味方になってくれるのが「心の拠り所」です。

「心の拠り所とは?弱いから持つのではなく持つから強くなれる」
心の拠り所を持っている人というのは、芯が強く輝いているように見えるものです。多ければ多いほど良い「拠り所」ですが、ひとつでも何かあると気持ちが違ってきそうです。自分にはこれがある、と思えるような「心の拠り所」を見つけていきたいものです。

毎日をただやるべきことだけやって淡々と過ごすのではなく、少しの時間でも「これが私の生きがい」と思えるようなことに時間を使うことができれば、充実度が上がり、毎日を輝かせることができることだと思います。

« 共に生きること | トップページ | お年寄りはどう生きればいい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 共に生きること | トップページ | お年寄りはどう生きればいい »