« 心の拠り所 | トップページ | 人の気持ちを考える »

2020年7月11日 (土)

お年寄りはどう生きればいい

133363622341013116772_DSC02114[1]
むかし、お年寄りが、「早くお迎えに来てほしい」という言葉を聞き・・・考えてしまったことがありましたが、いま私も“分か”る年齢になりました。

「生きがいを持つ」
「生きているのがつらい」「死にたい」という考える根拠は「生きがい」が失せてしまったからだと思います。『やはり外に出て、人と会うこと』とです。

「元気の秘訣」
人と付き合うこと。おしゃれをすること。趣味を持つこと。などが思いつきます。また、自分のことは自分でやる。そして同じ年齢の方が出来なければ手を貸すことです。

高齢になると親しい人を次々に亡くし、家族との関係も変わり、その寂しさが生きがいの喪失につながることが多々あります。しかしその一方で、また新たな周りの人々との関わりが生きる気力を与えてくれることも多い、ということです。

突き詰めて考えると、私たち人間にとって一番面白いのは、他者とのコミュニケーションなのだと思います。仕事にも、ボランティアにも、必ず他者と関わる要素があります。他者はこちらの働きかけにどんな反応を返してくるかわからない。だからこそ、他者とのコミュニケーションは活力を生むのです。

« 心の拠り所 | トップページ | 人の気持ちを考える »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 心の拠り所 | トップページ | 人の気持ちを考える »