« 人生峠で思う | トップページ | 新年の「平和の願い」 »

2020年1月 4日 (土)

絆の心を持つこと

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

361[2]

人生で大切にしたい「絆の心」
人が人としてお互いに敬う心を持つこと、信頼し信頼される自分の心の器をしっかりと作ることで、初めて心の糸が結ばれ、絆は紡がれていくものです。

人は決して、一人では生きてはいけません。
電話の声を聞いて、そのお話の暖かさにホットして、お顔を見なくとも、心ある声を聞いただけでも、その方の心根に触れることで幸せを戴けるのは、人として生かされているからです。

ちょっとした思いやり
お年寄りの方と並んで歩いた時、さっと荷物を持ってあげたり、そっと車道側に回ったりして、体で思いやりの心を表すことです。

共生の精神
ひとりの「いのち」が、他の一切の「いのち」と深いところでつながっていることに気づいたとき、人は自他の「いのち」の尊厳を自覚できます。

周りの人たちに生きる、希望を持ち続ける大切さを・・・ちょっとした思いやりを示すことで、相手はどれだけ生きる勇気を得るかわかりません。それは心からの笑顔でもいいのです。

ただ、ひたすら懸命に、いただいた命と、自分の人生だから、周りの人々の笑顔を糧に生きたいと願い、いつも感謝の心と、前向きな暖かな心を持って、自分の今を大切に大切に生きることで、絆を紡ぐことができるのではないかと思います。

« 人生峠で思う | トップページ | 新年の「平和の願い」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生峠で思う | トップページ | 新年の「平和の願い」 »