« 自然から学ぶ | トップページ | 安心して暮らせる“まち”を考える »

2020年1月15日 (水)

奉仕活動と健康

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

14-28-20090228-08[1]

頭でいくら解っていても、自分の身体を使わない限り、奉仕の心は、芽生えて来ません。

それこそ、肉体は健全でなければならないのです。

高齢期を楽しく、生きがいをもって、安心して暮らしていくためには、健康で自立し、身近な仲間と支え合いながら、住みよい地域づくりを進めていくことが必要です。 

健康こそ、唯一のボランティア活動が出来るということをしっかり理解の上、自分が奉仕活動をすることです・・・自分が、豊かな心を養うことが出来ると・・・理解しなければいけないと思います。ありがたいことなのです。

そのためにこそ、肉体はいとも大切であり、貴重であり、この人生は、この肉体を使って、社会奉仕をすることが、「生きがい」であると思うことです。

そして、奉仕活動は、他人に見せ付けるものではありません。いつも平常心で行うことです。

« 自然から学ぶ | トップページ | 安心して暮らせる“まち”を考える »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自然から学ぶ | トップページ | 安心して暮らせる“まち”を考える »