« 今を生きる | トップページ | 人生峠で思う »

2020年1月 2日 (木)

人のために行動をすること

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

05sikotuko3[1]

「人のために行動することは素晴らしい」という現実に気づくことです。

素晴らしい目的が加われば、体がうずうずしてきて、今すぐ何かしたくなります。その人が喜んでいる笑顔を想像すると、ますますモチベーションが上がってきます。人のために行動するときは、心の持ち方も大切です。「人からやらされている」ではなく「自分が好きでやっている」と思うことです。

自分が好きでやっていることなら、たとえ相手からリアクションがなくても、穏やかな気持ちでいられます。あくまで純粋な気持ちになることで、幸せな気持ちになれます。感謝され、感動され、どんどん行動することです。

人のためにする行動には、一つの無駄もありません。行動することで、誰かを助けたり喜ばせたりすることができるのです。

ロシアの文豪トルストイの言葉に・・・「人生に、ただ一つ、疑う余地のない幸福がある。それは、他人のために生きることだ」・・・があります。

私たちは、一人で生きているのではありません。周りの人たちや社会の多くの人たちのおかげで生かされているといえるでしょう。ですから、他人に対して思いやりをもって生きていくことは、むしろ当然のことといえます。

他人から多くの恩恵を受けていながら、他人に無関心であったり、迷惑をかける人がいます。それでいて、満足や幸せだけは自分のものにしたいという考え方は、あまりに自分中心なのではないでしょうか・・・「他人のために生きる幸福」について、しっかりと考えていく姿勢を持ちたいものです。


 




 

« 今を生きる | トップページ | 人生峠で思う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今を生きる | トップページ | 人生峠で思う »