« 高齢化社会と認知症 | トップページ | タバコのポイ捨てのこと »

2019年12月 2日 (月)

地球温暖化が深刻

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 

earth-11009_960_720[1]

「温暖化は深刻」

注目したいです・・・。「COP25」は国連の主導で開かれる地球温暖化対策を話し合う会議で190を超える国と地域が参加して、日本時間の2日夜、スペインのマドリードで開幕します。

このままのペースで温暖化が進むと、今世紀末には世界の平均気温が現在より3度ほど上がるとされています。海面水温の上昇などにより日本の南海上を猛烈な台風が通る頻度は増加するとみられ、日本列島への影響が懸念されます。

気候報Covering Climate Now) より
気候変動。現在、人類が直面している最も深刻な危機と言っても過言ではありません。気温上昇、海面上昇、干ばつ、洪水、異常気象、森林火災など、この現象がもたらす被害はすでに大いに発生しており、今後も悪化する一方でしょう。

その負の影響は保健医療、経済、社会、安全保障など、あらゆる分野で現れています。

問題の悪化を止めるためにさまざまな対策が打ち出されていますが、いずれも社会・経済における抜本的な改革を要します。エネルギーの使い方、産業の運営の仕方、生活や消費のあり方など、グローバルなレベルでの見直しが必要とされます。

しかし、危機の深刻さをわかりながらも、改革が進まない。2030年までに二酸化炭素などの温室効果ガスの排出を半減するという目標を掲げながらも、いまだ排出が増え続けています。

各国政府による本格的な対策は少なく、言葉と行動が矛盾する点があまりにも多いです。企業がひたすら消費の増加を促す。さらに、世論の意識を高め、政府と産業に火を付けるはずのメディアによる報道量と内容がほとんど変わらない。「気候沈黙」(climate silence)状態なのです。

« 高齢化社会と認知症 | トップページ | タバコのポイ捨てのこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高齢化社会と認知症 | トップページ | タバコのポイ捨てのこと »