« 自分を信じること | トップページ | 物事を大局的に見る »

2019年11月11日 (月)

教育とは・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

東京工科大学3

教育とは、人間は、成長する過程で、自己に目覚め、善を確立し、そこから、夢と愛を育みます。

もともと、人は、主体的な存在です。だから、夢や愛の種子は、人の心の中にしかありません。その種子から芽を出させ、根を伸ばすのが、教育です。そういう意味で、教育は、農業に似ています。

人間社会で問われるのは、いつの時代も変わらない人間としての生き方です。教育の基本は、生きていくために必要な術を身につけることです。

人間は、社会的な動物です。これらの要件を教育は、満たしていなければなりません。世の中は自分一人では、生きられないということは、他の人達と結びあって生きて生きること。つまり、良い人間関係を築かなければ幸せにはなれないということです。

だから、人と人と関係、良い人間関係を作るために、何が必要なのか、どうすればいいのかを学ぶこと・・・人と人との付き合い方、礼節を学ぶことです。

人と人とが助け合って生きていくための、決まり事や掟を学ぶ事でもあります。つまり、教育として必要なことは、まず、生きるために必要なことです。そして人間として、生きていくために必要な事と言うことです。また、自分が所属する社会の一員として、生きていくために、必要なことと言うことです。

この中で、特に、考えなければならないのは、私たちが、どのような社会に生きているかということです。それは、教育が、社会的な制度によって支えられている社会では、教育は、その社会の理念によって大きく左右されるからです。




« 自分を信じること | トップページ | 物事を大局的に見る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分を信じること | トップページ | 物事を大局的に見る »