« 立冬で思う | トップページ | 自分を信じること »

2019年11月 9日 (土)

ゴミのポイ捨ては止めて!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

P1020522[1]

道路や公園などにタバコの吸殻、空き缶などのごみが捨てられ町の美観を損ねています。

捨てられた周辺の住民にも大変迷惑となります。

ボランティア清掃で回収されたごみの大部分がポイ捨てされたごみです。ポイ捨て禁止の看板があったり、常識としても認知されているのになぜこんなにもポイ捨てが減らないのか?

きちんとごみを分別して捨てる、ごみ箱がなければ家に持ち帰る人は、環境あるいは社会に対する倫理観がある人です。この倫理観を共有していないと、ポイ捨てを平気でする人になってしまう。

◎ 親にしっかりと教育されていない

マナーやエチケットは、成長する段階で親からしっかりと学びましょう。大人でも平気でゴミを捨てる人がいますが、このポイ捨ての心理で考えられるのは親からきちんと教えてもらっていないことです。

◎ 自己中心的な考え

公共の場所をゴミで汚す人は、基本的に自己中心的な性格が原因になります。
ポイ捨てをしたら、最終的に誰かがゴミを拾い処分しなければなりません。ゴミを拾う手間だけでなく、ポイ捨ては周囲の人を不快にさせる行為です。

◎ 知識はあっても道徳心が無い
「知徳一体」とは、知識と道徳は一つに調和すべきものであり、学問と教育においても、知識と道徳が車の両輪のように機能して初めて社会に役立つものになるということです。

 

« 立冬で思う | トップページ | 自分を信じること »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 立冬で思う | トップページ | 自分を信じること »