« 自分の人生を生きる | トップページ | 老人川柳・・・冗句 »

2019年10月25日 (金)

生きていることに感謝

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 

御殿峠より市内を望む

毎日を生きることは、与えられた権利ではなく贈り物なのです。

今生きていることに感謝

私たちは、人間として、生まれたことにまず感謝し、先祖や両親から受け継がれてきた生命の中で生かされていることを自覚することが大切です。

そして未来に生きる子どもたちのために、私たちは先祖によって培われた正しい人間のあり方を伝えて行くことです。そして、大自然のあらゆる恩恵に感謝する・・・また、生命の大切さを知り、新しい命の誕生を心から祝い、感謝の心を継承することです。

奉仕・・・社会ために行動

普段から何事にも「ありがとうございます」という素直な感謝の気持ちと、「おかげさま」「お互いさま」という助け合いの心が大切ではないでしょうか。奉仕は、見返りを求めない無償の活動です。地域社会はもとより、常に弱者の立場に立って物事を考え、行動することが大切です。「慈しみと思いやりの心」を育み、できることから、奉仕活動を実行することです。

郷土を大切にする
町のゴミを少なくすることが大切です。私たちの身近な取り組みが、地球に優しい生活の第一歩です。共に生き、共に生かされるという精神で、かけがえのない郷土を次の時代へ、その継承は今を生きる私たちの使命です。

身近なことから始めることが活動の第一歩です。小さな行いの積み重ねが、周りによい影響を及ぼし、結局は最終的に回り回って自分たちに還ってくることになります。つまり、自分のためであり、引いては将来に向けて、私たちの子孫のための利他行であると言えると思います。

« 自分の人生を生きる | トップページ | 老人川柳・・・冗句 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分の人生を生きる | トップページ | 老人川柳・・・冗句 »