« 今朝の散歩で思う | トップページ | 季節の移り替わりに想う »

2019年10月 6日 (日)

理性と感情のバランス

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 

53957[1]

人間は、感情の動物で、理性が人間社会を構成、人間社会が成り立つのです。

「理性と感情のバランス」

人間には、「理性」と「感情」という、2つの心の働き(力)があります。

理性は物事を理論的に考えたり判断する力で、感情は物事を喜怒哀楽として感覚的に感じ取る力です。

そして、この理性と感情は心の中に同時に存在していて、その人の置かれた環境や心の状態、また、対象となる物事と内容によって、理性が優先されたり感情が優先されたりします。

一般的には、理性的である方が感情的であるよりも、「より人間的である」、すなわち、「人間として上位に位置付けられる」と思われているようです。

しかし、目標達成ということから見ると、その場面場面によって理性と感情の「役割」が違うのです。

「理性的に考えて、感情的に行動する」、これが目標を達成する上での大切な考え方と思います。そして、人は、この2つの心の働きを同時に持っているので、そのバランスをコントロールすることが大切です。

一般的には、若いときには感情が強く、そして、年齢を重ねるにつれて感情を押さえることが上手になるようです。しかし、対象によって、「ある時は理性が優先し、ある時は感情を爆発させる」というような、理性と感情のコントロールを是非ともマスターしたいものです

« 今朝の散歩で思う | トップページ | 季節の移り替わりに想う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今朝の散歩で思う | トップページ | 季節の移り替わりに想う »