« 安全には絶対はない | トップページ | 真実に生きるとは »

2019年10月13日 (日)

自然は絶対です

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 

IMG_0161

現代は、気象学が発達して、台風の大きさ・進路予想、何日も前に分かり、日本列島のどのあたりに上陸するかまで分かる・・・昭和の40年代には、考えられないことでした。

昨夜は、台風19号、テレビで、台風の大きさ・進路予想・予想時間を随時を放送していました。

むかしは、富士山に傘雲が出来ると・・・雨になる。。。アマカエルが鳴きだすと・・・雨になる。。。辰巳の方向に雲が立つと・・・入梅になる。。。おふくろが朝起きて外に出て、一日の始まることを感謝して、空に手を合わせていた光景が目に浮かびます。

現代は、自然の捉え方が、リアルになったと思う反面、まだまだ大自然には、人間の存在はちっぽけなもので、台風の出来るメカニズ理解したとしても、進路を変えたり、勢力をコントロールすることはできません。

「自然は絶対」です。

自然界には法則があり、私たちはこれに縛られて暮らしています。台風がやってくるのも、地震が起こるのも、日照りが続くのも法則があってのことでことで起きるのです。

私たちは、全ての自然に守られて生きているのかも知れません。

時には、様々な天災で亡くなられる方々もおられます。それには意味があって、命の儚さと、自然への感謝の気持ちを気づかせるためでしょう。私たちは、たった一粒の雨の雫に生かされているのです。

そよぐ風に、静かに波打つ水面に、穏やかに流れる川に、大らかな山々に・・・人は、もっと細やかに穏やかに物事を見なければ悟れません。イライラしたり、小さいことを気にしたり、恨んだり憎んだりでは気づけません。

« 安全には絶対はない | トップページ | 真実に生きるとは »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 安全には絶対はない | トップページ | 真実に生きるとは »