« 地球環境が深刻な状況 | トップページ | 自己中心の人が多い »

2019年10月11日 (金)

ごみ拾いをして思う

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 

105793551[1]

最近、ごみ拾いをしながら思うことがあります。

これは酷い・・・

同じ場所、ある橋の付近です。大きめのレジ袋ひとつです。レジ袋を二枚にし、しっかり固く結んであり、その中身は生ゴミ・ペットボトル・空き缶など混入しています。カラスに破かれ、歩道に散乱していたので収集しました。生ゴミ・空き缶・空きビンなどです。

近くの知り合いの家に、二回ほど事実を話してみましたが、当然、不法投棄の犯人?など分かるはずもありません。「今日はどうかなぁー」とその場所に行って(散歩コース)見ると「ゴミ袋」は捨てられていました。今日で6回です。

そもそもダイエット目的
の散歩メインだったのですが、余りにもゴミが多いので、相当以前(何十年前)から、“ついでに”ゴミも拾い始めました。ゴミを見つける度に軽く憤慨していましたが、今ではすっかりゴミ拾いメインになってしまっています。

ゴミ拾いって、文化的行為かつ、結構「哲学的」でもあるなぁーと思います。

ゴミを拾っていると、結構、奇異の目で見られてしまうんです。中には「みっちゃんは偉いねぇ~」と言ってくれる方もいらっしゃるのですが、それも「広義」の奇異の目といえなくもないです。

特に拾いはじめの頃は、人前でゴミを発見すると、そんな奇異の目に恥じて屈してしまうのか?それとも愛する大切な郷土を守りたいのか?という心の葛藤をいちいち繰り返していました(今では何の躊躇もないですが)。

禅寺の修行の第一歩はトイレ掃除と聞きます。中には素手で掃除させることもあるとか。正に「心の修行(鍛錬)」です。

全く意識してなかったのですが、ゴミ拾いも立派な「心の修行」になっているのかもしれません。

ゴミを拾いながら、色んなことを考えてしまっています。片倉城跡の歴史のある町を守り、後世につなげるには?・・・ゴミを捨てる人はどんな人なのか?・・・なぜゴミを捨てるのか?・・・なぜ私は拾っているのか?・・・偽善ではないのか?自分とは?人間とは?・・・また文化とは何ぞや?




« 地球環境が深刻な状況 | トップページ | 自己中心の人が多い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地球環境が深刻な状況 | トップページ | 自己中心の人が多い »