« 思いやり | トップページ | 私の大好きなふるさと »

2019年10月21日 (月)

生きていることに意味がある

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 

絹の道

お年寄りのつぶやきに「早くお迎えにこないかなぁー」があります。

そのとき・・・大事なのは、黙ってその場にいてあげること。これには勇気がいります。その場に居続け・・・可能なら、泣き黙ってしまったお年寄りの手をとり、肩を抱いてあげることです。

こんな言葉があります。『八十でお迎えが来たら、まだ早いと言いなさい。九十でお迎えが来たら、そう急がなくてもいいと言いなさい 』

「生きていることに意味がある」
「早くお迎えがこないかなぁー」の背景にあるものは、自分の存在が肯定できないことからくることでしょう。そして、家族、地域社会といった縁が機能不全になるにつれて、多かれ少なかれいると思います。

あなたには・・・「その時」に抱きとめてくれる人がいますか?「その時」に助けてくれる人がいますか?今の生き方が、「その時」に繋がるのです。

だから「今」が大事です。
その時をどう迎えたいのか?だって死は生の延長線上にあるし、人は生きてきたようにしか死ねないものです。

私自身がもう少し年を取って、もう少し経験を積み重ねますと、私自身の人生観が、少し変わるかもわかりませんが、現時点では、生かされていることに、ありがたく「感謝」することです。感謝は「幸せの心」繋がるのです。

周りの人たちに本当に感謝をして生きてきた人というのは、本当に良き死を死すということができる・・・そういう感謝に満ちた人生をずっと送りたい・・・「やはり感謝というのは大事」と思っています。

« 思いやり | トップページ | 私の大好きなふるさと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 思いやり | トップページ | 私の大好きなふるさと »