« 私の大好きなふるさと | トップページ | ゆっくり生きる »

2019年10月21日 (月)

陰徳を積む

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

08ringo_tyoukai1[1]

陰徳とは、人に知られないようにひそかにする善行です。

人前でだけ良い恰好をする人は、誰でも見ていないところで頑張れる人には勝つことはありません。人知れず努力ができるということは、努力が身についている証拠です。

逆に人前でだけ努力する人は、「誰もいないからサボっていいや」と怠けるようになるのです。そのため、人知れず努力できる人が、人前だけで頑張る人に負けるはずがないのです。

誰も見ていないときこそ自分を変えることが出来るのです。努力に限らず、人の見ていないときにこそ人の本質はあらわれるものです。

「人に見られていないなら、悪事を働いてもいい」と考える人は、今まで悪人ではなくても、将来必ず悪に染まります。そのような人は、いずれ我慢がきかなくなり、人が見ていようと悪事を働くようになるでしょう。

« 私の大好きなふるさと | トップページ | ゆっくり生きる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の大好きなふるさと | トップページ | ゆっくり生きる »