« 地域に高齢者の役割り | トップページ | 悪口と陰口 »

2019年10月 7日 (月)

環境問題と温暖化

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

  御殿峠より市内を望む

今年の台風15号は東京湾を北上し、9月9日午前3時に千葉市に上陸しました。千葉県、横浜市・横須賀市などに、大きな台風被害となりました。

千葉県だけでも送電線の鉄塔が倒れ、電柱が2000本が倒れ、屋根瓦飛ばさせる被害は、想像を超える暴風となり、広域で長時間の断水・停電が続きました。

生活が電気で成り立っている現代では、交通機関が不通になり、信号機が働かず交通整理ができず、電話が通じない、家庭では台所の電気製品が稼働しなくなりました。

人間の果てしなき欲望が、わがままかってにまかり通っている日常を、時として自然は猛威をふるって打ち砕いてしまいます。大切な財産が消失し、人命が奪われてしまう悲哀を受けとめざるをえないのです。

台風の襲来、地震津波など、天変地異に遭うと人は自然の猛威に恐れおののき、あらためて大自然に畏敬の念をいだきます。そして人間の思慮分別のおよぶところのものでない、それが大自然であることを再認識します。

最近、地球の温暖化による異常気象が問題視されて来ています。環境保全団体のWWFは、地球危機を訴えています。

地球温暖化が進むと、気温が上昇するだけでなく地球全体の気候が大きく変化します。既に世界各地では、そのさまざまな影響が現れ始めており、自然環境や人の暮らしにも重大な問題を引き起こしています。

こうした問題は、温暖化への対策を十分に行なわない場合、さらに深刻化し、地球規模の深刻な被害をもたらす危険性が指摘されています。

私たちは、人事ではなく、「地球に優しくする」・・・を真剣に考え行動すべき問題と思います。たとえば、「ゴミのポイ捨てをしない」と言うことを実行することも有効な活動と思います。

« 地域に高齢者の役割り | トップページ | 悪口と陰口 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地域に高齢者の役割り | トップページ | 悪口と陰口 »