« 後期高齢者なって思う | トップページ | ごみ拾いを続けて思う »

2019年10月 1日 (火)

本当の幸せとは

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

07rose_ame2[1]

幸せを世間と比べているかぎり、真の幸せは得られません。

普通の人は、世間の平均と比べて恵まれているほうであるか、ないか、考えていると思います。他の人より恵まれていれば、幸せを感じます。また他の人より恵まれていなければ、不幸を感じます。

多くの人が考えやすい方法なのですが、それが幸せになれない原因です。

たしかに幸せを感じられる面もありますが、一時的です。世の中、上には上がいるからです。自分よりお金持ちはいますし、自分より若い人もいますし、自分より外見のいい人もいるでしょう。

人が感じる不幸は、比較から発生します。

比較の世界にいると、いつも周りの様子が気になり、落ち着かず、不安で、安心できません。上には上がいますから、比べているかぎり、必ず不満を感じることになります。

比較では、真の幸せを感じられないのです。

本来、幸せとは、比べるものではありません。自分が、どう思うかです。今この瞬間、自分の心が満足しているかどうかです。自分が主人公である人生は、自分がどう思うかが、一番大切です。自分が「楽しい」「面白い」「好きだ」と思えば、すべて正解です。

比較がないため、不幸を感じることもありません。自分が「いいなあ」と思えば、幸せです。世の中には、幸せがたくさん存在していることに気づくでしょう。生きるのが楽しくなります。自分の素直な気持ちを基準にしたとき、真の幸せが得られるのです。

« 後期高齢者なって思う | トップページ | ごみ拾いを続けて思う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 後期高齢者なって思う | トップページ | ごみ拾いを続けて思う »