« かけがいのない人 | トップページ | 人間の価値 »

2019年9月12日 (木)

泥臭い人間

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 

00nyudogumoBGM[1]

私は泥臭い人間でありたい。

清らかそうな聖人であるよりも、むしろ泥臭い正直な人間でありたいと思っています。

上から人を導いたり教えたりする人よりも、いつでも人と同じ目の高さに立ち、サポートを必要とする人のそばにただ寄り添う人でありたいです。

私は、そういう人間のほうが好きだし、正直な人のほうが信用できるし、そういう人の方が一緒にいて安心できます。カッコいい人生を生きている人は、確かに聞こえはものすごくよく感じます。周りから見ると羨ましささえ覚えます。

泥臭く生きるということ

世間で使われる「泥くさい」という言葉は、辞書的な意味以外に、定形的、形式的なものを感じさせない、もっと「心情的なニュアンス」を含みます。

たとえば、人の悩みを聞く場面でも、「知性にものを言わせて理路整然と説明する」のではなく、「人の心情を汲み、ともに悲しみ、ともに喜ぶ」というような、形にならない重さを持つ人間性があるのを指します。

形にならない重さであるがゆえに「泥」なのです。

そんな、型にはまらない人情味があるのが長所でもありますが、「効率重視」を忘れてしまうところが短所です。また、書類主義で「書類に書かれたことをすべての根拠とする」のではなく、「たとえ口約束でもそれを大切にする」気質を持つことです。

« かけがいのない人 | トップページ | 人間の価値 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« かけがいのない人 | トップページ | 人間の価値 »