« 今の世の中で足りないもの | トップページ | 老いを考える »

2019年9月19日 (木)

地域に生きる役割りと責任

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

P1020522[1]

「地域に生きる」には、そこに役割りと責任があることを意識することが重要になってきています。自らの住む地域の環境を「良好な環境」の維持に努める責任と役割りがあります。

現在、地球の環境はかつてないスピードで変化しています。これが好転しているのなら喜ばしいのですが、残念ながら悪化の一途をたどっています。環境をよくするために、私たち一人ひとりが、行動しなければなりません。

まず、自分の住む地域の自然環境を守ることです。

「自然が豊かなところは環境を重んじている」「都市生活者は環境について無頓着である。」本当にそうなのでしょうか。

「うわ、何これ。うそでしょ。」
歩道に、区分けしていないごみが入った大きなレジ袋捨てられていて、散乱していることが三日続いて起きました。カラスの仕業と思われます。野菜くず・何か食べもの残り・プラスチックゴミ・ペットボトル・空き缶などを仕分けして処分をしました。

近くの家(知り合い)に何か心当たりの人はいないかと、伺いましたが・・・当然のことですが・・・「分からない」です。通りがかりの人?

ゴミ出しお願いです。
◎ マナー・ルールを守って下さい。
◎ 地域で決められた収集所に出して下さい。
◎ 「ゴミ」その管理は皆さん個人です。
◎ 収集日以外はごみを出さないでください。

「私たちの町は、私たちで守る」・・・私はこの精神が、安心・安全な町づくりと思います。


« 今の世の中で足りないもの | トップページ | 老いを考える »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今の世の中で足りないもの | トップページ | 老いを考える »