« 経験と知性 | トップページ | 自分の心を知る »

2019年8月 4日 (日)

人間の使命とは・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

  DSC071201[1]

この世に生を受けた人間は、命を大切にし、 寿命を全うしなければなりません。自分の生きる使命を知るということは、何よりも尊いことです。

「本当の自分を認識すること」

本当の自分に出会うことなのです。そうすると、自分の使命の方向に自然と導かれていくのです。
「これこそが自分の使命だ!」と、自分で発見する場合もありますが、それよりもむしろ、本当の自分に目覚めた結果として使命の方向に自然と向かっていくものなのです。

使命の再認識

現代社会は、人を包み込むさまざまな社会的組織をもち、多彩な生産・創造の活動に満ち溢れています。しかし、この豊かな創造性と社会性のなかにいながら、むしろ個人は、それらのことから疎外されていく傾向です。近年ボランティアは、盛んに行なわれれるようになりました。

ボランティア・・・この(現世)社会性を求め、働くことの喜びを求めた、個人の自発的な活動になりますが、創造性や社会性をしっかりと持った、私たちの活動ということでは、その自覚の一形態として、「使命」というものがあります。

ボランティアは、つい最近のことばになるが、「使命」は、それに比べると、昔よりの歴史があります。

「使命に生きる」

最近、「使命に生きる」といったことばを耳にすることは少なくなりましたが、それでも、個人の社会的な活動への自覚のことばとして、「困難だが、これは、自分に与えられた使命なのだから」と、ファイトを燃やす人を見ることができます。

本来、人は、自分が住んでいる地域社会に、根づいた生き方をし、創造的な活動に生きたいという願いをもっています。現代社会は、個人の創造性や社会性を端的に満たす「使命」のようなものをもう少し意識し、大切にしていく必要があるではないかと思います。

« 経験と知性 | トップページ | 自分の心を知る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 経験と知性 | トップページ | 自分の心を知る »