« 地域への愛着を持つ | トップページ | 人生は長さだけではない »

2019年8月 9日 (金)

心の時代

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 

361[2]

今は心の時代と言われています。

今日の社会の人間関係が希薄になっているとの指摘がされていますが、その背景的理由として人の心がその栄養を失っていることが考えられます。

人の心の豊かさは、合理化によっては培われません。かえって不合理性の中でこそ、人の心は、その栄養素を吸収するのではないでしょうか。。。

今を生きる私たちは、多くの生活に常に合理性を持ち出し簡素化しています。そのことによって、私たちの心は栄養を失い、心の豊かさを失っています。

心の豊かさを失うと、社会生活が希薄になり、社会生活が希薄になるということは、お互いの人間関係を失うことになり、バラバラに孤独に生きることを意味します。

社会生活をしている私たちは、お互いの連帯と協調性を必要とします。その必要性が満たされるとき、私たちは生きる希望が湧いてくるのです。

お互いの連帯性・協調性が失われると、人は孤独になります。孤独な人は、自己中心的になり、他人と仲良く生きていくことが難しいと言われています。

孤独な人は、さまざまな問題・課題があると思います。

« 地域への愛着を持つ | トップページ | 人生は長さだけではない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地域への愛着を持つ | トップページ | 人生は長さだけではない »