« 命の引継ぎ | トップページ | ゴミを拾う人はゴミを捨てない »

2019年8月11日 (日)

現代のコミュニケーションあり方

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 

ka_072[1]

ネット・コミュニケーションは、多くの情報を、より確実に伝えられます。履歴が残るので、あとで見直して確認することもできます。

なによりも、ネットでのやり取りは手軽です。じかに会うのは緊張してしまう人も、ラインやメールなら大丈夫という場合も多いでしょう。交通事情や経済その他の事情により会うことがむずかしくても、オンラインならつながることができます。

でも、インターネットを使ったコミュニケーションには、気持ちが伝わりづらいという欠点もあります。私たちは普段、顔を合わせて会話をしているとき、言葉の内容だけで相手の気持ちを判断しているわけではありません。顔の表情や声の調子などの情報もふまえて判断しています。

しかし、インターネットを使ったコミュニケーションでは、そうした情報がなく、文字だけで相手の気持ちを読み取ることになります。そのため、顔を合わせて会話するときと同じ感覚でやりとりしていると、相手を怒らせてしまったりすることがあるのです。

リアルコミュニケーション・・・
ただ対面であることを指すのではなく、人が過去の経験から形成された価値観(考え方、将来への想いやビジョンなど)を基に本音で語り合うことで、「自分への気づき」と「他者への気づき」を与え、相互に成長を促すコミュニケーションです。

リアルとオンライン、両方の特徴を理解して、うまく活用することです。
オンラインでのコミュニケーションばかりになると、幸せ感が低くなり、頼みが受け入れられないなど、いろいろな不具合がでてきます。じかに会うことは、時間も労力も使うし気も使います。しかし、それだけの効果はあることも事実です。

« 命の引継ぎ | トップページ | ゴミを拾う人はゴミを捨てない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 命の引継ぎ | トップページ | ゴミを拾う人はゴミを捨てない »