« 人間は心から老いる | トップページ | 善き人生を送る »

2019年9月 1日 (日)

四つの幸せ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

  東京工科大学3

幸せには四つあると思います。

私は、人が生まれて心身の成長に合わせて『人のためにする行為』が基本であると思います。

一つ目の幸せは、「 してもらう幸せ 」・・・周りの方々にも励ましていただいたとき、私たちは元気になります。

二つ目の幸せは、「自分でできる幸せ 」・・・自分が好きなことができるようになると、とても嬉しくなります。

三つ目の幸せは、「人のお役に立つ幸せ 」・・・人の役に立つ何かをして上げると、相手の喜びをわが喜びとすることです。

四つ目の幸せは、「人に必要とされる幸せ」・・・多くの人に信頼されて、必要とされることで、喜びを感じることです。

四つのうち三つが受け身であるのに対し、3番だけは主体的です。しかも「役に立つ」という行為には、必ず努力が伴います。

人は、努力なく褒められ、必要とされるよりも、努力した行為がそのような報酬をもたらす方が、より幸せを感じます。そして意識するかしないかに拘らず、人は誰しも「役に立ちたい」という思いを潜在的に持っているものです。

内に秘めたるその思いが、見送られることなく「表現できる場」が身近にあるか・・・「場」をきちんと提供できるか、さらに大小のそれらの思いを、「リーダー」となって、一つに束ねて大きな推進力とすることができるかどうか・・・と思います。

« 人間は心から老いる | トップページ | 善き人生を送る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間は心から老いる | トップページ | 善き人生を送る »